東方閃電-小羊の足跡に従っていくこと

東方閃電全能神教会は世界に”神様が帰ってきた”ことを公に証ししています。彼は再臨の主イエスです。神様の羊は神様の声を聞き分けます。多くの真理を渇仰する人は、東方閃電全能神教会を考察します。

携挙は神の言葉に基づかねばならず、人間の概念や想像に基づいてはならない。

参照聖書箇所

「だから、あなたがたはこう祈りなさい、天にいますわれらの父よ、御名があがめられますように。御国がきますように。みこころが天に行われるとおり、地にも行われますように。」(マタイによる福音書 6:9-10)

「また、聖なる都、新しいエルサレムが、…天から下って来るのを見た。…見よ、神の幕屋が人と共にあり、神が人と共に住み、人は神の民となり、神自ら人と共にいまして、」ヨハネの黙示録 21:2-3)

「この世の国は、われらの主とそのキリストとの国となった。主は世々限りなく支配なさるであろう」。ヨハネの黙示録 11:15)

「天から下ってきた者、すなわち人の子のほかには、だれも天に上った者はない。」ヨハネによる福音書 3:13)

携挙

関連する神の言葉

「…人類が安息の中に入ることは、全人類がみな神の光の中と神の祝福の下に生きることを意味する。もはやサタンの堕落がなく、不義な事も起こらない。人類はみな地上で正常に生活し、神の加護のもとで生きるようになるだろう。神と人が共に安息に入るということは、人類が救われたこと、サタンは滅ぼされてしまったこと、人類に関する神の仕事が全部終わってしまったことを意味する。神はもはや人類の間で働き続けず、人ももうサタンの支配下に生きることはなくなる。それゆえに、神はもう忙しく働かず、人はもう忙しく駆け回らない。神と人は同時に安息の中に入るようになる。神は彼のもとの位置に戻り、人も各人それぞれの場所に帰る。これは神の経営が終わった後に、神と人それぞれが身を置く目的地である。神には神の目的地があり、人には人の目的地がある。神は安息の中にあっても続けて全人類が地上で生きるのを導く。神の光の中にあって、人は天の唯一の真の神を礼拝する。…人が安息に入るとは、それは、人が真の被造物になったことを意味する。人は地上から神を礼拝し、しかも正常な人間の生活を送る。人々はもう神に背かず、逆らわない。彼らは原初のアダム、エバの生活に復する。これが、神と人が安息の中に入った後の、それぞれの生活と目的地である。サタンが打ち負かされることは、神とサタンとの戦いが必然的に向かう方向である。こうして、神が彼の全経営計画を終えた後に安息に入ることと人が完全に救済され安息に入ることは、同様に不可避的に向かう方向になる。人の安息の場所は地上にあり、神の安息の場所は天にある。人は安息の中で神を礼拝し、地上で生きる。神は安息の中で、残りの人類を導く。…神と人が安息の中に入った後、サタンはもはや存在せず、サタンと同様な不道徳者も、もはや存在しない。神と人が安息の中に入る前に、かつて地上で神を迫害したことのある不道徳者たち、地上で神に不従順だった敵たちはすでに滅ぼされている。彼らは終わりの日の大きな災難によって滅ぼされている。そのような不道徳者たちが徹底的に滅ぼされた後、地上でサタンの妨害を見ることはなくなる。人は完全な救いを与えられ、その後神の仕事が完全に終わる。これは神と人が安息の中に入る前提である。」

『言葉は肉において現れる』の「神と人は共に安息に入る」より

「神は人類を創造し、人類を地上に置き、今日まで導いてきた。その後、人類を救い、人類に罪の捧げものとして使えた。終わりの時に、彼は人類を征服して、人類を徹底的に救い出し、人に本来の似姿を回復させなければならない。これが、彼が始めから終わりまで従事してきた仕事であり、そしてこの仕事を通じて、人を彼の元のイメージへ回復し元の似姿へ回復させようとしている。彼は彼の国を打ち立てようとし、人に本来の似姿を回復させようとする。つまり彼は地上における彼の権威を回復し、あらゆる被造物の間における彼の権威を回復しようとする。…人類がみな最初の形を回復し、それぞれ自分の職責を尽くし、自分の本分を守り、神のすべての按配に従うことができたら、神が地上で一団の、彼を礼拝する人を得、また彼を礼拝する国を打ち立てたことになる彼が地上で永遠に勝利を得、彼に敵対する者たちが永遠に滅びれば、彼が最初人を造った時の心意を回復し、彼が万物を造った時の心意を回復し、地上での彼の権威、万物の中での彼の権威、敵の間での彼の権威をも回復したことになり、これは彼が完全に勝利を得たことのしるしである。それから、人類は安息の中に入り、正しい軌道に乗った人類の生活に入り、神も人と一緒に永遠の安息の中に入り、永遠の神と人の生活に入る。地上の汚れと不従順が見えなくなり、地上の哀号が見えなくなり、地上の、神に敵対するあらゆるものもなくなり、神と神に救われた人たちだけが存在し、彼に造られた万物だけが存在する。」

『言葉は肉において現れる』の「神と人は共に安息に入る」より

おすすめコンテンツ:クリスチャンの証し「共産主義の妄言」抜粋シーン(2) 中国共産党の科学にもとづく神の支配の否定これは恩恵か、禍か

終わりの日における神の裁きと刑罰だけが人類を救うための神の重要で決定的な働きである

参考聖書箇所

 「大声で言った、『神をおそれ、神に栄光を帰せよ。神のさばきの時がきたからである。……』」ヨハネの黙示録 14章7節)

 「さばきが神の家から始められる時がきた。」(ペテロの第一の手紙 4章17節)

 「彼はもろもろの国のあいだにさばきを行い、多くの民のため仲裁に立たれる。」イザヤ書 2章4節)

 「たとい、わたしの言うことを聞いてそれを守らない人があっても、わたしはその人をさばかない。わたしがきたのは、この世をさばくためではなく、この世を救うためである。わたしを捨てて、わたしの言葉を受けいれない人には、その人をさばくものがある。わたしの語ったその言葉が、終りの日にその人をさばくであろう。」ヨハネによる福音書12章 47〜48節)

 「わたしには、あなたがたに言うべきことがまだ多くあるが、あなたがたは今はそれに堪えられない。けれども真理の御霊が来る時には、あなたがたをあらゆる真理に導いてくれるであろう。それは自分から語るのではなく、その聞くところを語り、きたるべき事をあなたがたに知らせるであろう。」ヨハネによる福音書 16章12〜13節)

 

関連する神の言葉

 イエスが人の世に誕生した時、イエスは恵みの時代をもたらし、律法の時代を終わらせた。終わりの日において神はもう一度肉となり、今回人間の姿になった時、神は恵みの時代を終わらせ、神の国の時代をもたらした。神の二回目の受肉を受け入れる人々はすべて神の国の時代に導かれ、直接神の導きを受け入れることができるだろう。イエスは人間のあいだでたくさんの働きをしたが、全人類の贖いを完了しただけで、人の贖罪のためのささげものとなり、人から堕落した性質のすべてを取り除くことはなかった。サタンの影響から完全に人を救うためには、イエスが贖罪のささげものとして人の罪を引き受けることが必要だっただけではなく、神にとっても、サタンによって堕落させられた人の性質を完全に取り除くためにもっと大きな働きを行うことが必要だった。そこで、人が罪を赦された後、神は人を新しい時代に導くために人間の姿に戻り、刑罰と裁きの働きを開始し、この働きは人をより高い領域に連れてきた。神の支配の下に従う人々はすべてより高い真理を享受し、より大きな祝福を受けるだろう。彼らは本当に光の中に生き、真理、道、いのちを得るだろう。

『言葉は肉において現れる』の「序文」より

 わたしはかつてヤーウェとして知られていた。わたしはメシアとも呼ばれ、また、人々はかつてわたしを救い主イエスとも呼んだ。わたしを愛し、尊敬したからである。しかし、今日わたしは人々が過去に知っていたヤーウェでもイエスでもない。わたしは終わりの日に戻ってきた神、時代を終らせる神である。わたしは、わたしの全性質を余すところなく顕し、権威、名誉、栄光に満ちて地の果てに立ち上がる神自身である。人々は一度もわたしと関わったことがなく、わたしを知ったことがなく、ずっとわたしの性質に無知であった。天地創造から今日に至るまで、わたしを見たことがある者はひとりとしていなかった。これは終りの日に人の前に現れるが、人々の間に隠れている神なのである。神は真実で現実的に、照りつける太陽や燃え立つ火のように、力に満たされ、権威にあふれて人々のあいだに存在する。わたしの言葉によって裁きを受けない人や物は一人として、一つとしてない。燃える火によって浄化されない人や物は一人として、一つとしてない。最終的には、あらゆる諸国はわたしの言葉のために祝福され、わたしの言葉のために粉々に砕かれもする。このようにして、終わりの日にすべての人は、わたしが戻ってきた救い主であり、人類のすべてを征服する全能神であり、かつては人のための罪の捧げものであったが、終わりの日にはすべてを焼き尽くす太陽の炎にもなり、またすべてのものを露わにする義の太陽でもあることを理解するだろう。それが終わりの日のわたしの働きである。わたしはこの名前を名乗り、この性質を持ち、すべての人がわたしが義の神であり、照りつける太陽、燃え立つ火であることが理解できるようにする。そうするのはすべての人が唯一の真の神であるわたしを崇め、わたしの本当の顔を見ることができるようにである。わたしはイスラエル人たちの神であるだけではなく、贖い主であるだけでもなく、天、地、海の至る所にあるすべての創造物の神である。

『言葉は肉において現れる』の「救い主はすでに「白い雲」に乗って戻って来た」より

 終わりの日の働きは言葉を語ることである。大きな変化が言葉を通して人にもたらされる。言葉を受け入れた人たちにもたらされた変化は、恵みの時代にしるしや不思議を受け入れた人たちにもたらされた変化よりもはるかに大きい。というのは、恵みの時代に、悪霊は按手と祈りによって人から立ち去ったが、堕落した性質は人の中に残ったままであった。病気が癒され、罪が赦されたが、人の中にある堕落したサタン的な性質から人がどのように浄化されるかということに関しては、この働きは人の中ではまだなされていなかったからである。人は信仰の故に救われ罪が赦されただけで、人の罪深い本性は取り去られず内面に残ったままであった。人の罪は神の受肉を通して赦されたが、それは人の中に罪がないという意味ではない。人の罪は罪のためのいけにえによって赦されることができたが、どうすれば人がもはや罪を犯さないようにし、その罪深い本性が完全に取り去られ変えられるかということに関しては、人にはこの問題を解決する方法はないのである。人の罪は神の十字架の働きの故に赦されたが、人は古い、堕落したサタン的な性質の中で生き続けてきた。そのため、人は堕落したサタン的な性質から完全に救われなければならない。そうすることで、人の罪深い本性が完全に取り除かれ、二度と芽生えなくなり、人の性質が変えられるのである。そのためには、人はいのちの成長の筋道、いのちの道、そして性質を変えるための道を知らなくてはならない。また、人はこの道に沿って行動することが必要とされる。その結果、人の性質は次第に変わり、光の輝きの下で生きることができ、すべてを神の心に沿って行なうことができ、堕落したサタン的な性質を捨て去ることができ、サタンの暗闇の影響から解放されることができ、それにより罪から完全に抜け出ることができる。このとき初めて人は完全なる救いを受けることができる。イエスがその働きを行なっていたとき、イエスに関する人の認識は依然として漠然として不明瞭だった。人は昔からイエスダビデの子と信じ、偉大な預言者で人の罪を贖う情け深い主であると宣言した。信仰によって、イエスの衣の端を触っただけで癒された人々もいれば、盲人たちが見えるようになり、死人さえ生き返った。しかし、人は堕落したサタン的な性質が人に深く根づいているのが発見できず、それを捨て去る方法も知らなかった。人は肉による平安や幸福、一人の信仰による家族全体の祝福、病人の癒しなど多くの恵みを受けた。残りは人による良い行いや外見上の信心深さであった。そのようなものを基に生きることができるなら、その人はまずまず良い信者と思われたのである。そのような信者だけが死後、天国に入ることができるとされた。それは彼らが救われたことを意味する。しかし、彼らはその生涯において、いのちの道を全く理解していなかった。彼らはただ罪を犯しては告白し、それを常に繰り返すのみで、性質が変えられる道へ進んでいる訳ではなかった。これが恵みの時代の人間の状態であった。人は完全な救いを得たのであろうか。いや、得なかった。だから、その段階の働きが終わってからも、依然として裁きと刑罰の働きが残っている。この段階は人に従う道を与えるように、言葉を通して人を清くする。もし悪霊を追い出すことを続けるなら、この段階は有益でも意義深くもないだろう。というのは、人の罪深い本性が捨てられることもないだろうし、人は罪が赦されるというところで行き詰まるだろうからである。罪のためのいけにえを通して、人は罪を赦されてきた。というのは十字架の働きがすでに終わり、神はサタンに勝利したからである。しかし、人の堕落した性質は依然として人の中に留まっており、人は依然として罪を犯し、神を拒むことができ、よって神はまだ人類を得ていない。だからこの段階の働きで神は言葉を用いて人の堕落した性質を示し、人に正しい道に沿って実践させるのである。この段階は前の段階よりもっと意味があり、もっと有益である。というのは、今、人に直接いのちを提供し、人の性質を完全に新しくできるのは言葉だからである。それはもっと徹底的な働きの段階である。だから、終わりの日の受肉は神の受肉の意義を完成し、人の救いのための神の経営計画を完全に終了したのである。

『言葉は肉において現れる』の「受肉の奥義(4)」より

 神の今回の受肉において、神の働きは主に刑罰と裁きを通して神の性質を表すことである。これを基礎として、神は人により多くの真理をもたらし、より多くの実践方法を示し、こうして人を征服し、堕落した性質から人を救うという神の目的を達成する。これが神の国の時代における神の働きの背後にあるものである。

『言葉は肉において現れる』の「序文」より

 終わりの日には、キリストはさまざまな真理を用いて人を教え、人の本質を明示し、その言葉や行為を解剖する。こうした言葉には、人の本分、人はいかに神に従うべきか、人はいかに神に忠実であるべきか、いかに正常な人間性を生きるべきか、そして神の知恵と性質など、さまざまな真理が含まれる。これらの言葉は、みな人の本質とその堕落した性質に焦点を当てている。とりわけ、いかに人が神を拒絶するかを明らかにする言葉は、人がサタンの化身であり、神に敵対する力であることを語っている。神が裁きの働きを行う際、神はほんの数語で人の本性を明示するのではなく、長期にわたって暴き、取り扱い、刈り込みをする。そうした暴き、取り扱い、刈り込みは、通常の言葉に置きかえることはできず、人が持つことなどない真理でしか置きかえられない。そうした働きのしかたのみが裁きとみなされる。そうした裁きを通じてのみ、人は説得され、神への服従に完全に納得し、神の真の認識を得ることができる。裁きの働きがもたらすものは、人による神の真の顔の理解と、自らの背きに対する真の理解である。裁きの働きにより、人は神の心、神の働きの目的、それまで人には理解できなかった奥義について大いに理解できるようになる。また、人が自分の堕落した本質と堕落の根源を認識し理解し、人の醜さを発見するようになる。これらの効果は全て、裁きの働きによりもたらされる。というのも、裁きの働きの本質は、実際に神を信じる全ての者に、神の真理、道、いのちを開く働きだからだ。これが、神がなす裁きの働きである。

『言葉は肉において現れる』の「キリストは、真理を以て裁きの働きを行う」より

 人が贖われる前、サタンの毒の多くがすでに人の中に植え付けられていた。サタンによる堕落を何千年も経た人間には、神に抵抗する性質が既に定着して存在していた。だから、人が贖われたとき、それは人が高い代価で買い取られた贖い以上のものではなく、人の中の毒を持った性質は取り除かれてはいなかった。ここまで汚れた人は、神に仕えるにふさわしくなる前に変えられなければならない。裁きと刑罰の働きを通して、人は自分の中の汚れて堕落した本質を完全に知るようになる。そして、人は完全に変わり、清くなることができる。この方法でのみ、人は神の玉座の前に戻るのにふさわしくなることができる。この日なされるすべての働きは人が清められ変えられるためである。言葉による裁きと刑罰、また精錬を通して、人は堕落を捨て、清くされることができる。この段階の働きを救いの働きと考えるよりは、むしろ清めの働きと言った方が適切であろう。実際、この段階は第二段階の救いの働きであるとともに征服の段階である。人は言葉による裁きと刑罰を通して、神のものとされる。精錬し、裁き、明らかにする言葉をもちいることで、人の心にあるすべての汚れたもの、観念、動機、そして個人的な願望などが完全に明らかにされる。

『言葉は肉において現れる』の「受肉の奥義(4)」より

 神の国の時代、神は言葉を用いて新たな時代を招き入れ、働きの手段を変え、その時代全体の働きを行う。これが神が言葉の時代に働く原則である。神は異なる観点から語るために受肉し、肉となった言葉である神、その知恵と不思議とを人間が本当に見ることができるようにした。そうした働きは、人間を征服し、人間を完全にし、人間を淘汰するという目的をよりよく成し遂げるために行われる。これが、言葉の時代に言葉を用いて働くということの真の意味である。言葉によって、人間は神の働き、神の性質、人間の本質、人間が何において成長すべきかを知るようになり、言葉によって、言葉の時代に神が成し遂げようと望む働きがすべて成し遂げられる。言葉によって人間は露わにされ、淘汰され、試される。人間は言葉を見、言葉を聞き、言葉の存在を知った。その結果、人間は神の存在を信じる。人間は神の全能性と知恵、また、神の人間を愛する心と人間を救おうという願いとを信じる。「言葉」という語は単純でありふれたものだが、肉となった神の口から出る言葉は、全宇宙を揺るがす。神の言葉は人間の心、その観念や古い性質、全世界の古い姿を変える。はるか昔から、現在の神だけがそうした働きを行っている。そして、現在の神だけがそのようにして語り、人を救う。それより後、人間は言葉に導かれて生き、言葉により養われ、施される。人間は言葉の世界に生き、神の言葉の呪いと祝福の内に生き、それ以上に言葉の裁きと刑罰との下に生きる。これらの言葉と、この働きはみな、人間が救われ、神の心を達成し、古い創造の世界における元々の姿を変えるためのものである。神は言葉により世界を創り、全宇宙の人間を言葉により導き、言葉により征服し、救う。ついには、言葉により、古い世界全体を終わらせる。そのときはじめて、経営(救いの)計画が完了する。神の国の時代を通じて神は言葉を用いて働き、仕事を成し遂げる。神は不思議を行ったり奇跡を起こしたりはしない。神はただ言葉によって業を行う。言葉のおかげで人間は養われ、施される。言葉により、人間は認識と真の経験を得る。

『言葉は肉において現れる』の「神の国の時代は言葉の時代」より

 実際、今なされている働きは人々にサタンを捨てさせ、先祖を捨てさせることである。言葉による裁きのすべては人間の堕落した性質を暴露し、人々に人生の本質を理解させることを目的としている。繰り返されるこれらの裁きは全て、人々の心を刺し通す。ひとつひとつの裁きは人々の運命に直接影響を与え、人々の心を傷つけるためのものだ。その結果、彼らがこれらすべてのものを手離し、それによって、人生を知り、この汚れた世界を知り、また神の知恵と全能を知り、このサタンが堕落させた人類を知ることができるからである。この種の刑罰や裁きがあればあるほど、人の心は傷つき、人の霊はもっと目覚めることができる。これらの極端に堕落し、その欺きが最も深い人々の霊を目覚めさせることが、この種のさばきの目標である。人には霊がなく、つまり人の霊はとうの昔に死んでしまっている。そして、人は天が存在し、神が存在するということを知らないし、確かに人は死の奥底で葛藤していることも知らない。人は地球上でこの邪悪な地獄に生きているということをどのようにして知ることが可能だろうか。彼は自分の腐った死体が、サタンの堕落を通して、死のハデスに落ちたのをどのように知ることができるだろうか。彼は地上にあるものはすべて人類によって修復ができないほど長い間堕落されてしまったことをどのように知ることができるだろうか。そして今日、創造主が地に来て堕落した人々の集まりを救おうと探していることを、どのように知ることができるだろうか。人はあり得る限りの精錬と裁きを体験した後でさえ、彼の鈍った良心はほとんど奮い立つこともなく、事実上反応しない。人間は本当に堕落している!この種の裁きは空から降って来る残酷なひょうのようだけれど、それは人にとって多大な利益がある。もしこのように人々をさばかないなら、何の結果もなく、苦悩の地獄から人々を救うのは全く不可能であろう。もしこの働きのためでないなら、人々がハデスから出てくるのは非常に難しいだろう。なぜなら、彼らの心はずいぶん前に死んでおり、彼らの霊はずいぶん前にサタンによって踏みにじられたからである。堕落の深淵に沈んでしまったあなたがたを救うには、熱心にあなたがたを呼んだり、裁いたりすることが必要で、その時初めて氷のように冷たいあなたがたの心が呼び起こされるだろう。

『言葉は肉において現れる』の「完全にされた者だけが意義ある人生を送ることができる」より

 時代を終わらせる神の最後の働きでは、神の性質は刑罰と裁きであり、それが不義なるもの全てを現わし、すべての人々を公に裁き、神を真に愛する人たちを完全にする。このような性質のみが時代を終わらせることができる。終わりの日はすでに来ている。あらゆるものは種類によって区分され、性質に従って種類分けされる。この時に神は人の最後と終着点を明かにする。もし人が刑罰と裁きを受けなければ、人の不従順と不義を明かす方法はないであろう。刑罰と裁きを通してのみ、あらゆるものの終局を明かすことができる。人は罰せられ裁かれて初めて本当の姿を示す。悪は悪に、善は善に、人は種類によって区分される。刑罰と裁きを通して、すべてのものの最後が明かされ、悪人は罰せられ、善人は褒美を得るであろう。そして、すべての人たちは神の支配の下に従属することになるであろう。すべての働きは義なる刑罰と裁きを通して達成されなければならない。人の堕落は頂点に達し、人の不従順はあまりにも深刻になってしまったので、おもに刑罰と裁きであり、終わりの日に明らかにされる神の義なる性質のみが人を完全に変えて全き者とすることができる。この性質のみが悪を暴露し、よってすべての不義なる人々を厳しく罰することができる。

『言葉は肉において現れる』の「神の働きのビジョン(3)」より

 神は裁きと刑罰の働きを行うが、それは人が神についての認識を得られるようにであり、また神の証しのためである。人の堕落した性質を神が裁くことなしには、犯すことを許さない神の義なる性質を人は知ることはできず、神についての古い認識を新しいものに変えることもできない。神の証しのため、そして神の経営(救い)のため、神はそのすべてを公けにし、そうすることで、神の公的な出現を通して、人は神についての認識に到達することができ、その性質において変えられ、神のはっきりとした証しを立てられるようになる。人の性質の変化は、さまざまな種類の神の働きを通して成し遂げられる。このような性質の変化なしには、人は神の証しを立てることはできず、神の心にかなうこともできない。人の性質の変化とは、人がサタンの束縛と闇の影響から解放され、真に神の働きの見本であり標本、神の証人、神の心にかなう者になったことを意味する。今日、受肉した神がその働きを地上で行なうために来たが、神は人が神を認識し、神に服従し、神の証しとなること、すなわち、神の実際的で正常な働きを知り、人の観念とは合致しない神の言葉と働きのすべてに従い、神が人間を救うために行なうあらゆる働きと、また神が人間を征服するために成し遂げるあらゆる業の証しをたてること、を要求している。神を証す人々は神の認識をもたなければならない。この種の証しのみが正確であり現実的であり、この種の証しだけがサタンを恥じ入らせることができる。神の裁きと刑罰、取り扱いと刈り込みを経験することで神を知るようになった人々を、神はその証人として用いる。神はサタンにより堕落させられた人々をその証人として用い、また性質が変わり、それにより神の祝福を得た人々をその証人として用いる。神は口先で賞賛するための人を必要とせず、神に救われていないサタンの種類の称賛や証しも必要としない。神を知る人々だけが神の証しを立てる資格があり、性質において変革させられた人々だけが神への証しとなる資格がある。神は人が意図的に神の名に恥をもたらすことを許さない。

『言葉は肉において現れる』の「神を知る者だけが神に証しを立てることができる」より

 過去において、人間は律法と戒めに従うことを要求され、忍耐強く謙遜であることを要求された。現在、人間は神の采配の全てに従い、神への至高の愛を備えることを要求されており、最終的には患難のただ中でも神を愛することが要求されている。これら三つの段階こそが、神が自身の経営全体にわたって、段階ごとに人間に要求することである。神の働きの各段階は、その前の段階よりも一層深くなり、各段階における人間に対する要求は、その前の段階よりも一層深遠であり、神の経営全体はそのようにして次第に形成される。人間の性質が神によって要求される基準に常に近づいてゆく理由は、正確に言うと、人間に対する要求がさらに高くなってゆくからであり、その時初めて、神の働きが完了し、全人類がサタンの影響から救われるまで、人類は次第にサタンの影響から離れてゆく。その時になると、神の働きは終局に達し、人間の性質の変化を達成するための神への人間の協力が終わり、全人類が神の光の中で生活し、それ以後は神への反抗や反逆は無くなる。

『言葉は肉において現れる』の「神の働きと人間の実践」より

 これで裁きとは何か、真理とは何かを理解できたか。もし理解できたなら、あなたが裁きに従うよう熱心に勧める。さもなければ、神に賞賛されることも、神にその国に連れて行ってもらうことも決してないのだ。裁きは受け入れるが清められることのない者、すなわち裁きの働きの最中に逃げ出すような者は、永遠に神に嫌われ拒絶される。彼らの罪は、パリサイ人の罪よりも、ずっと多く、ずっと重い。なぜなら、彼らは神を裏切り、神に背いたからだ。仕えさえするに値しないそんな人間は、さらに過酷で終わることのない懲罰を受ける。言葉で忠誠を誓いながら裏切るような者を、神は見逃さない。そのような者は報いとして、霊、魂、そして体に懲罰を受けることになる。これは、神の義なる性質を明示しているのではないだろうか。これこそ、まさに神の裁きと人の明示の目的ではないのか。神は、裁きの時にあらゆる邪悪な行いをした者全てを、邪悪な霊が生きる場所に置き、彼らの肉体を霊の意志により破壊されるようにする。彼らの肉体は、死臭を放つ。それが彼らにふさわしい報いなのだ。神は、不忠実な偽の信者、偽の使徒、偽の働き人の罪をひとつ残らず彼らの記録に書き留め、その時が来れば、霊が彼らの肉体をそっくり霊により思うままに汚されるよう、神は彼らを汚れた霊の中に放り込む。その結果、彼らは決して生まれ変わることはなく、二度と光を見ることはない。一度は神に仕えたが、最後まで忠実であり続けられなかった偽善者は、神により悪人として数えられるので、彼らは悪人とぐるになり、烏合の衆となる。最終的に、神は彼らを滅ぼす。神は、キリストに一度も忠実でなかった者や神のために何の努力もしたことのない者を排除し、顧みることはなく、時代が変わる時に彼らをひとり残らず滅ぼす。彼らは、もはや地上に存在せず、神の国へ入れてもらうことなど無論ない。神に対して誠実であったことはないが、強引に神により取り扱いを受けた者は、神の民のために奉仕する者として数えられる。そうした者たちのごく一部だけが生き延び、大多数は奉仕をする資格さえない者たちと共に消えゆくだろう。最後に神は、神と同じ心を持つ全ての者、神の民と子ら、そして祭司として定められた者たちを、自分の国に迎え入れる。これが、神の働きを通して生まれる神による結晶だ。神が定めた種別のどれにも属せない者については、異邦人として数えられる。彼らの結末がどうなるか、もちろん想像できるだろう。わたしは既に、あなたがたに言うべきことを全て言った。あなたがたがどの道を選ぶのか、それはあなたがたの決断次第だ。あなたがたは次のことを理解しなければならない。神の働きは、神についていけない者のために待ってくれることはなく、神の義なる性質は、誰にも哀れみをかけない。

『言葉は肉において現れる』の「キリストは、真理を以て裁きの働きを行う」より

 国々と世界の人々がみな、わたしの玉座の前に戻ると、わたしは天の富をすべて人間の世界に与え、わたしによって、比類ない富にあふれるようにする。しかし、古い世界が存続する間、わたしは国々の上に怒りを投げつけ、わたしの行政を全宇宙に公布し、違反する者には刑罰を下す。

 わたしが全宇宙に向かって話すと、人間はみなわたしの声を聞き、そこで、わたしが全宇宙で行ってきた業を見る。わたしの心に逆らう者、つまり、人間の行いでわたしに敵対する者は、わたしの刑罰を受けて倒れる。わたしは天の多くの星々を取ってそれらを新しくし、わたしにより、太陽と月は新たになる──空はもはや以前のものではない。地上の無数の物事が新たになる。すべては、わたしの言葉により完全になる。全宇宙の多くの国々は、新たに区切られ、わたしの国に置き換わる。地上の国々は永遠に消え去り、わたしを崇める一つの国になる。地上のすべての国々は破壊され、存在しなくなる。全宇宙の人間のうち、悪魔に属する者はみな、滅ぼし尽くされる。サタンを礼拝する者はみな、わたしの燃える炎に倒れる──つまり、今、流れの中にいる者以外は、灰になるのだ。わたしが多くの民を罰するとき、宗教界にいる者は、わたしの業に征服され、程度の差はあれ、わたしの国に戻る。彼らは「聖なる方が白い雲の上に乗って」降臨するのを見たからである。人間はみな、種類に従い、それぞれの行いに応じて刑罰を受ける。わたしに敵対した者たちは、みな滅びる。地上での行いがわたしと関わりのなかった人たち、その人たちは、自分たちの行いによって、地上にわたしの子らとわが民の支配下で存在を続ける。わたしは無数の人々と無数の国々にわたしを現し、わたしは自ら声を発して地上にわたしの大いなる働きの完了を告げ、全人類が自分たちの目でそれを見られるようにする。

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「第二十六章」より

 終わりの日の神の裁き、刑罰の働き、すなわち、最後の清めの働きの中でゆるがず耐え抜ける人たちが、神と共に最後の安息の中に入る人たちである。したがって、安息に入る人はみな、神の最後の清めの働きを経て初めて、サタンの支配から振りほどかれ、神によって得られるだろう。最終的に神によって得られたこのような人々が最終的な安息へと入るのである。刑罰や裁きという神の働きの実質は、人類を清めることであり、それは、最終的な安息の日のためである。さもないと、全人類は、それぞれ自身と同類のものに属することができないか、あるいは安息の中に入ることができない。この働きは、人類が安息の中に入るための唯一の道なのである。

『言葉は肉において現れる』の「神と人は共に安息に入る」より


 

 

熱心に見える教会には聖霊の働きがあるのか

信仰ステーションの兄弟姉妹

数ヶ月前、私は所属していた教会の牧師たちが名声と利益のために争い、地位を手に入れるためにあれこれと企んでいるのを目撃しました。それは説教の中でもお互いを攻撃し、けなし合うほどでした。彼らの説教は聞いて喜ばしいものではなく、私たちは霊的な糧を得られないままでした。更には、多くの兄弟姉妹の信仰も冷めていきました。みな富を求め、肉的な楽しみを求めて世の流れに従っており、食べたり飲んだり楽しむことに全関心を寄せていました。ほとんど集会に出席しない兄弟姉妹もおり、生活の中で大変な事が起きたり重要な祝日だったりという時だけ出席していました。…このような教会の状態を目の当たりにした私は、聖霊の働きを伴う教会を探そうと、その教会を去りました。多くの教会を回って探しましたが、どの教会も同じようなもので、希望を失いかけました。けれども最近、様々なショーやイベントを頻繁に行っている教会を見つけました。そこでは海外から牧師が来て説教をすることもありました。その教会の雰囲気はとても温かく、活気に溢れ、大勢の人が毎回集会に出席していました。活気のあるその教会と熱心に集会に出席する兄弟姉妹たちを見て、この教会こそ聖霊の働きを伴っていると考えました。けれども、熱心に見えるその教会でも、牧師の説教は兄弟姉妹にとっていのちの糧となるようなものではなく、霊的に満たされるものではないと気づくまでに時間はかかりませんでした。そこでの歌や踊りは教会の雰囲気を変えるだけのもので、それが続くうちは誰もが元気旺盛になるのですが、皆が座って説教を聞くとなったとたん、居眠りしてしまうという具合でした。そればかりか、兄弟姉妹たちはいつも献金や祈りで互いに競い合っていました。誰でも献金を多くする人が主を愛する人と見なされ、誰でも長く祈って聞こえの良い言葉で祈れば霊的な人と見なされました。…このような教会では、兄弟姉妹は誠実さも謙虚さもないどころか、かえって虚栄心は強くなる一方で、ますます偽善的になっていきました。人前で自分を表現し目立つことに集中し、極端に独善的で傲慢でした。問題に遭遇するといつでも自分の好きなように対処し、他人の話に耳を傾けようとはしません。つまり、全く主の教えを守っていなかったのです。教会でのこのような状況に直面して、私は「外側からはこれほど熱心に見える教会に聖霊の働きがありえるのだろうか?」と思わずにはいられませんでした。私はいつもこの疑問で悩んできましたので、ご回答をいただけたら幸いです。

ウェンシ

聖霊の働き, 教会

ウェンシ姉妹

こんにちは。あなたが聖霊の働きがある教会を探したことは素晴らしいことで、それは完全に神様の御心に適っています。教会に横行する不道徳が主の教えに反することは明白で、そのような教会はおそらく既に聖霊の働きを失っています。熱心に見える教会には聖霊の働きがあるかどうかという問題に関しては、私たちが判断するのは難しいです。けれども、実は、聖霊の働きがどのような結果をもたらすことができるかを理解すれば、自然にこのことが簡単に判断できるようになります。

この質問に答えるにあたり、いくつかの文章を読んでみましょう。

人間に対する聖霊の啓きは、人間の情熱を維持するためのものではなく、人間がいのちに入るように道を拓き、聖霊を知ることが出来るようになり、そのため神を崇拝し敬慕する心を育むためのものである。」『働きと入ること(2)』より 「聖霊は、人々を啓くために働く時、通常人々に神の働き、および彼らの真の霊的歩みと本当の状態についての知識を与える。また、今日の人に対する神の切実な思いや要求を人々に理解させる。それは、神を満足させるために彼らが全てを犠牲にする決意をするためであり、迫害や逆境に遭遇する時でさえ、神を愛さなければならず、それが流血や命の犠牲を意味する時でさえ、神のために証しに立たなければならず、後悔することがないためである。」「実践(1)」より 「聖霊が働く時、人々は盛んに成長することができる。受け身でもなく、強制されることもなく、積極的に成長する。聖霊が働く時、人々は喜んで、自ら進んで従おうとし、謙虚になることを喜び、内側では痛みや弱さがあっても、協力しようと決意し、喜んで苦しみ、従うことができる。そして人間の意志によって汚されず、人の考えによって汚されず、間違いなく人間的な欲望や動機に汚されないのである。人々が聖霊の働きを経験する時、彼らの内面は特に清い。聖霊の働きを所有する人々は神の愛、兄弟姉妹への愛を体現し、神を喜ばせることを喜びとし、神の嫌うことを嫌う。」「聖霊の働きとサタンの働き」より

これらの抜粋から、聖霊の働きとは、それによって一時的に感情の盛り上がりがあるように感じるためでも、宗教的儀式や規則を守るためのものでもないことが分かります。それよりは、聖霊の働きは神様の御心と神様が要求されることが理解し、自分の弱さと欠点を神様の言葉から知ることができるように私たちを導くものです。聖霊の働きは私たちに実践の仕方を教え、いのちの糧を与えてくれます。自分の堕落をより理解できるようになるだけでなく、常に神様についての新たな認識を得ることができ、それによって神様を畏れ、神様を愛する心が芽生え、神様に従い、主の教えを守って神様のために全てを捧げ費やすことができるようになります。聖霊の働きにより、私たちはしばしば啓かれ、神様の言葉を読む時には常に私たちに光が注がれるようになります。聖霊の働きがあるならば、主の教えに反することを話したり行なったりした場合、聖霊による責めと取り扱いを感じます。私たちが自己を理解し、神様に悔い改め、神様の言葉に従って実践できると、聖霊は私たちを導き続け、主にいっそう近づくことができます。聖霊の働きがあれば、私たちの心には神様の居場所があり、神様を偉大な方と敬うことができ、どのような困難や迫害、苦境に遭おうとも、常に神様に満足いただき、神様の要求に沿うように行動し、サタンの勢力によって拘束も制限もされまいと決意することができ、私たちの人生があらゆる面で神様の御名を褒めたたえることができるようになるのです。聖霊の働きがあるならば、神様が緊急となさることを緊急とすることができ、神様がお考えになるように考えることができ、神様の御旨に配慮して神様に満足いただくために本分を尽くすことができます。要するに、聖霊の働きが伴っており、聖霊が共にいて下さり、神様の言葉が問題に直面した時に私たちを導いて下さり、神様の言葉に従って実践する決意があるならば、私たちの人間性と私たちの生き方はますます正常になり、神様にいっそう近づき、私たちの霊は安らぎ、平安で喜びを感じるのです。真理を追求する人たちが一定の期間の後に、程度の差はあれ、このような結果に到達するのを教会の集まりで見るならば、それはその教会には聖霊の働きがある証拠です。ウェンシ姉が先ほど言われた通り、たとえ教会が様々なショーや行事を行って、外側からは温かく熱心に見えても、また何回集会に出席したとしても、説教を聞いても新たな光はなく、現実の問題や困難は解決されず、いのちの糧も養われないままで、神様についての認識を得ることもありません。牧師、説教師、一般の兄弟姉妹の誰であれ、その語る言葉と行動が主の教えに反していながら罪の意識もなく、鍛錬されてもいなければ、それはその教会には聖霊による働きも守りもないことの証明です。聖書にこうあります。

「くちびるはなめらかであっても、心の悪いのは上ぐすりをかけた土の器のようだ」(箴言26章23節)

もし教会が単に外見上熱心に映るだけで、そこに集う人々の心は神様を遠ざけ、神様との正常な関係はなく、それどころか神様の言葉を実践したり主の戒めを守ったりすることができないのであれば、そのような教会が聖霊の働きがある教会とみなされることがどうしてあり得るでしょうか。もはや「上ぐすりをかけた土の器」ではないでしょうか。ですから、教会が聖霊の働きを伴っているかどうかが決まるのは、そこに集まっている人の数でも、熱心さの程度でも、教会員が行っているように見える良い行いの数でもありません。むしろ、人々がいのちの糧を得ることができるかどうか、神様についての新たな認識を常に得ているかどうかによるのです。もし私たちが僅かな表面的な意味や規則にしがみつき、真理によって養われることがなく、神様についての新たな認識を得ることもなく、いのちの成長もなく、現実の問題も未解決のままであれば、そのような教会には聖霊の働きも臨在もありません。

実際、心から主を信じて聖霊の働きをこれまでに経験したことのある兄弟姉妹のほとんどが、荒廃が宗教界全体に広がっており、宗教界が聖霊の働きと臨在を失ったと感じています。宗教指導者の大半が主の言葉を実践しておらず、主の戒めを守っていません。彼らは継承されてきた人間の伝統だけに固執し、聖書の知識や神学的理論を解説することを重視しています。これは自己を顕示し、自己の証しをするためです。主の証しとなるのでも、主を称えるのでもなく、主の道から完全に逸れてしまっています。信者といえば、概して罪を犯しては悔い改めるという状態の中に生き、様々な罪を犯し、主からはいっそう離れるばかりで主への恩義を一切感じていません。世俗的な流れに従い、富や名声、地位を求め、肉の快楽を追い求める信者すらいます。宗教界が聖霊の働きを失ってしまい、神様に嫌われて拒否されていることは明らかです。これはまさに主イエスの預言を成就しています。

また不法がはびこるので、多くの人の愛が冷えるであろう」(マタイによる福音書24章12節)

この御言葉は律法の時代の終わりを思い起こさせます。当時のユダヤの民衆は律法を守ることができず、祭司はお粗末ないけにえを捧げていました。牛、羊、はとが神殿に持ち込まれて売られ、律法を破る者がいてもそれに対する懲らしめはありませんでした。人々の出入りは多く、外側からは神殿には活気があり賑やかに見えましたが、実際にはすでに長い間、聖霊の働きを失っていました。律法の時代における神殿での荒廃の主な理由は、当時のユダヤ教の指導者達がヤーウェの律法を守らず、神を畏れる心をもたなかったことにあります。受け継がれてきた人間の伝統にのみしがみつき、神様の戒めを捨てて神様の道から完全に外れてしまい、それゆえに神様に呪われることになってしまったのです。一番重要なのは次の点です。肉となられた神様、つまり主イエスは恵みの時代に人類を贖う働きを行われましたが、それは神様の働きの変容であり、主イエスの贖いの働きを受け入れた人は全て聖霊の働きを得、新たな実践の道を見出しました。しかし主イエスの働きを拒んで抵抗した人は神様の働きによって取り除かれ、聖霊の働きを失って闇と荒廃の中へと落ちたのです。

昨今の宗教界は聖霊の働きを失い、広く荒廃していますが、神様の意図が背後にあることは疑う余地がありません。聖書に次のように預言されています。

『わたしはまた、刈入れまでなお三月あるのに雨をとどめて、あなたがたの上にくださず、この町には雨を降らし、かの町には雨を降らさず、この畑は雨をえ、かの畑は雨をえないで枯れた。そこで二つ三つの町が一つの町によろめいて行って、水を飲んでも、飽くことができなかった。それでも、あなたがたはわたしに帰らなかった』と主は言われる。」(アモス書四章7~8節)

聖書の「この畑は雨をえ」とは、聖霊の働きを伴う教会、神様が臨在されていて人々が御座から流れるいのちの水に養われ潤されることを享受できる教会を意味しています。「かの畑は雨をえないで枯れた」という言葉は、聖霊の働きを失った教会を意味します。私たちが聖霊の働きがある教会を積極的に探さないならば、いのちの水の供給を完全に失い、闇と荒廃に落ちるでしょう。私たちが積極的に聖霊の働きを伴う教会を探し、神様の足跡を辿ることが神様の御心であるのは明白です。教会における荒廃の問題を根本から徹底的に解決して、聖霊の働きと臨在を再び取り戻すにはこの方法以外にないからです。カナンの地が飢饉におそわれたとき、ヤコブとその家族がカナンの地を離れ、食料を求めてエジプトへ行く以外に、飢餓を逃れて生き残る方法がなかったのと同様です。

ではどうやって聖霊の働きを伴う教会を見つけることができるのでしょうか。実は主イエスがとうの昔にその方法を教えてくださっています。終わりの日の再臨に関して、イエス様は仰いました。

わたしには、あなたがたに言うべきことがまだ多くあるが、あなたがたは今はそれに堪えられない。けれども真理の御霊が来る時には、あなたがたをあらゆる真理に導いてくれるであろう。それは自分から語るのではなく、その聞くところを語り、きたるべき事をあなたがたに知らせるであろう」(ヨハネによる福音書16章12~13節)

ヨエル書第二章29節にも預言されています。

その日わたしはまたわが霊をしもべ、はしために注ぐ

そしてヨハネの黙示録の二章と三章の各所にも、「耳のある者は、御霊が諸教会に言うことを聞くがよい」と預言されています。これらの預言から、終わりの日に主が戻られるとき、主は更に多くの言葉を語り、私たちを潤し養い、全ての真理を理解させて下さることが分かります。私たちが神様の要求を満たし、諸教会に御霊が語られることを知ることができれば、主の足跡について行くことができ、聖霊の働きを得ることができます。従って、どの教会が神様が新しい言葉を語り、新しい働きをなさっていることを証ししているかを注意深く見なければなりません。語られる言葉を良く聞いて、それが私たちのいのちの糧となり、現実の問題を解決してくれるかどうかを見極めなければなりません。その教会の兄弟姉妹が神様の言葉によって潤され養われると同時に、常に神様についての新たな認識を得ているかどうか、いのちが成長を続けているかどうか、人間性と生き方がますます正常になっているかどうか等を見極めなければなりません。これらの現実的な結果が生まれているならば、それはその教会が聖霊の働きを伴っており、神様ご自身が働かれており、臨在されている教会であることの証明です。

主イエスは約束されました。

求めよ、そうすれば、与えられるであろう。捜せ、そうすれば、見いだすであろう。門をたたけ、そうすれば、あけてもらえるであろう」(マタイによる福音書7章7節)

主イエスは信実であられ、私たちがもっと長い時間をかけて祈り主に願うなら、必ず終わりの日に再び来られた神様の語られる言葉を見つけ、聖霊の働きを得て、子羊と足並みを揃える人になることができるでしょう。

神様に感謝します。神様が私達を導いて下さいますように!

信仰ステーション

チォンウェイ(中国)

救われることの理解

神に従うようになり数年間、私は家族との娯楽や肉の娯楽を諦め、教会で自分の本分を尽くすため1日中忙しくしています。ですから、私は任された教会の働きをないがしろにせず、神を裏切らず、教会を離れず、終わりまで神に従っている限り、神に守られ救われるだろうと信じていました。私はまた、神による救いの道を歩んでいて、終わりの終わりまで神に従ってさえいればいいのだと信じていました。

救われる, 救われることの理解

しかし2~3日前、人の説教の中で「真理を得て現実に入る者だけが本当に救われる」という文を見ました。「神に救われることは人々が想像するほど簡単ではありません。私たちの経験のすべての歩みで神の言葉による試練と洗練と同様、裁きと刑罰を信頼しなくてはいけません。私たちは注意深く神の働きのすべての歩みに従わなくてはなりません。そして終わりに、真理を得、性質の変化を成し遂げて新しく創られた者となり、真理に信頼を置いてサタンに打ち勝ち、罪を乗り越えることができるようにならなくてはいけません。私たちは意識して神の言葉に信頼を置いて生活できるように、そして完全に神に従い神の味方にならなくてはいけません。このことだけが本当にサタンに打ち勝ち、罪を乗り越え、神に得られるということです。もし私たちが神の働きを経験することによってこの結末を成し得られるならば、このことだけが本当に神に救われるということです。」「真理を探し求めて神による救いを成し遂げる道には、しかしながら、人々が直面しなくてはならないあらゆる種類の試練や苦難、家族崩壊や自然災害それに人工災害などの困難や障害が多くあります。それは確かに穏やかな航海ではありません。もし人々に真理がなければ、彼らはしっかりと踏ん張ることはできず、100%の確率で彼らは神を裏切ることになるでしょう。」これらを読んだ後、私はまるで夢から覚めたかのように感じました。神に救われることは、やはり私が思っていたほど簡単ではありませんでした。それは人々があらゆる種類の試練や困難の苦しみを経験するだけでなく、神による刑罰、裁き、取り扱いや刈り込みを受け入れ、人生のすべての歩みで神の働きと言葉を経験することに懸かっています。そうすることで彼らは自分自身の腐敗した性質を本当に理解することができ、次第に彼ら自身の腐敗を取り除くことができます。そして終わりに神の言葉を信頼し、どのような状況においても暗闇の勢力を乗り越え、サタンに打ち勝つ真理に信頼を置くことができるようになります。この結末を成し得ることだけが本当に神に救われるということです。しかし私の実際の状態をこれと比べた時、その結末を成し得ていることからは程遠いものでした。私は名声と地位を追い求めることは神に称賛されたことではないと知っていたにもかかわらず、幾度もこれらを追求し、これらを得られない時は、否定的で弱い者となっていました。私はしばしば真理を追い求める意欲を失い、自分自身で抜け出せない暗闇に落ち込んでいました。幾度も私は神を信じることは神の愛に報いるために真理を追求すべきこと、神と取引してはいけないことであると知っていたにもかかわらず、神の日がやって来るのが遅すぎると考え、自分の中に否定的な思いを抱いていました。初めのころの精力はただ跡形もなく消え去りました。そして私はぞんざいに自分の本分を尽くしました。働きで困難にぶつかると、これは神が私に試練を通じて成長させているのだと知りながら、心の中ではまだ誤解と神への不満で満ちていました。私は神を信じることはあまりにも難しく骨が折れることで、いつも逃げ出したい、そして辞めてしまいたいとさえ感じました。これまで幾度も、私の周りの環境、すべての人々、問題や事柄は私を完全な者とするために神によって与えられていて、これらのことから真理を探し求めるべきであると知りながら、人や問題そして事柄が私の考えに則さなければ、私はいつもそれを拒んで受け入れようとはしませんでした。私が愛する者たちに見捨てられ、どこにも休まる場所がなかった時、他の人々が幸せな家族と共にいるのを見ると、しばしばこれにより悲しみと痛みを感じ何度も神から離れたいとさえ思いました。それでもなお私はずっと以前に神の救いの道を選んだのだと思いました。これらすべての実際の状態を見て、どうして些かでも本当の背丈を持つことができたでしょうか。ただいくらかの小さな試練や憤りに直面しただけで私は躓く危険がありました。言うまでもなく大きな困難や苦しみの時はなお更でした。その時、私は辞めずに数年間神に従っていましたが、本当には真理を掴んでおらず私のいのちの性質は些かも変わっていないことを知りました。私はなおサタンの邪悪な影響の下で生活しており、騙され操られる対象とされていました。これは神に本当に救われることの基準からかけ離れたものでした。しかしそれでもなお、私はずっと以前に神の救いの道に入っていて、自分はほぼ十分な者であると信じていました。これは単に自己欺瞞でした。

ああ、神よ。ありがとうございます!私に自分の本当の状態をはっきりと見させ、本当の救いがどういうものであるかを理解させ、過去の間違った知識を変えてくださったのはあなたの啓示と導きでした。また、もし私が真理を得ず人生の性質を変化させなければ、何年神を信じていようとも、神の承認を得られないことを理解させてくださいました。今日から後、私は進んで更なる真理で自分を備えるようにこの貴重な時間を大切にします。そしてあなたの働きを経験することによって、自分自身から腐敗した性質を取り除きます。あなたの言葉によって生活し、あなたに完全に従い、あなたによる本当の救いを成し得ます。

山東青州市 林青

正直な人への入りを実践するにはどうすればよいか。

神の言葉

あなたは正直でなければならない。また、自分の心の中の狡賢さを取り除くために祈らなければならない。あなたが必要な時にはいつでも自分を清め、神の霊に触れられるために祈りを用いるにつれて、あなたの性質は次第に変化するであろう。

『言葉は肉において現れる』の「祈りの実践について」より

神が人々に要求する最低基準は、自分の心を神に開くことができることである。人が神に対して真心を捧げ、心の中にある本音を告げるならば、神はその人の内に働くことをよしとする。神は人の曲がった心ではなく、純粋で正直な心を求めている。人が神に自分の心の真実を話さないならば、神はその人の心を動かすことも、その人の中で働くことも無いであろう。したがって、祈りにおいて極めて重要なことは、自分の本心から来る言葉を話し、自分の欠点や反抗的な性質を神に告げ、ありのままの自分を神に曝け出すことである。そうして初めて、神はあなたの祈りに関心を抱くであろう。そうでなければ、神はあなたから顔を隠すであろう。

 

『言葉は肉において現れる』の「祈りの実践について」より

正常な人間のように行動するということは、筋の通った話をするということである。然りは然り、否は否とだけ言いなさい。事実に忠実に、適切な話しかたをすること。ずるをしたり、嘘をついてはならない。

 

『言葉は肉において現れる』の「知的能力の向上は、神の救いを授かるためである」より

今日、ほとんどの人々は、恐ろしくて自分の行いを神の前に示すことができない。また、あなたは神の肉を欺くかもしれないが、神の霊を欺くことはできない。神の監督に耐えられない物事は、いずれも真理に一致しないので、捨て去れねばならない。さもなければ、それは神に対する罪である。だから、祈る時であれ、兄弟姉妹と話し、交わりを持つ時であれ、自分の任務を果たし、自分の業務に携わる時であれ、あなたは自分の心を神の前に捧げなければならない。あなたが自分の役割を果たす時、神はあなたと共にいる。そして、あなたの意図が正しく、神の家の業のためになるのであれば、神はあなたの為すこと全てを受け入れるであろう。だからあなたは自分の役割を果たすよう熱心に献身すべきである。……

あなたが為す全てのこと、一つひとつの行い、一つひとつの意図、一つひとつの反応を神の前に示さなければならない。あなたの日々の霊的生活、つまり、あなたの祈り、神との親密さ、神の言葉を食べ、飲むこと、兄弟姉妹との交わり、教会生活をおくること、そしてあなたの共同の奉仕さえも神の前に示し、神によって監督されねばならない。あなたがいのちにおいて成熟するのを助けるのはこのような実践である。神の監督を受け入れる過程は、清めの過程である。あなたが神の監督を受け入れれば受け入れるほど、あなたは一層清められ、神の意志と一致するので、放蕩や放縦の声を聞かなくなり、あなたの心は神の臨在で生きるだろう。あなたが神の監督を受け入れれば受け入れるほど、サタンは一層辱められ、あなたはさらに肉を捨てることができる。したがって、神の監督を受け入れることは、人間が実践しなければならない道である。あなたが何を為そうと、兄弟姉妹との交わりの最中でさえ、あなたが自分の行いを神の前にさし出して神による監督を求め、あなたの意図が神自身に従うことであるならば、あなたが実践することは一層適切なものとなるであろう。あなたが為すこと全てを神の前にさし出して神の監督を受け入れて初めて、あなたは神の臨在で生きる者となることができる。

『言葉は肉において現れる』の「神は神の心に適う者を完全にする」より

あなたがたの運命のため、神に認められることを求めなさい。それはつまり、神の家の一員であることを自覚しているのなら、あらゆる事において神に心に安らぎと満足をもたらさなければならない。つまり、自らの行いを律し、真理にそわなければいけないということである。もしそれが到底できないというのであれば、神に嫌われ、見捨てられ、みなから拒まれることになる。ひとたびそのような状態に陥ると、神の家の一員であることはできない。これが神の承認を受けられないということである。

……正直であるとは、神に心を捧げること──何事においても神を偽らないこと、あらゆることにおいて、神に率直であること、事実を隠そうとしないこと、上の者に対して偽りなく、下の者を惑わさないこと、そして、神に取り入る為だけに何かを決してしないこと。つまり、正直であるということは、言動において不純でないことであり、神をも人をも欺かないということである。……神の前ではきちんと振る舞い、とりわけ「礼儀正しい」けれど、霊の前では反抗的で放埒な行いをする者もいる。そのような人をあなたがたなら正直な者の数に入れるだろうか。もしあなたが偽善者で「社交」上手であるなら、あなたは神を軽んじていると断言しよう。もしあなたの言葉が言い訳と無価値な正当化だらけだとしたら、あなたには、真理を行おうという気持ちがないのだ。もしあなたが他人に言うことのできない秘密を多数抱え込んでいながら、光明を求めて自分の秘密──自分の中にあるやっかいな部分──を他人に打ち明けないでいるとしたら、あなたが救いを受けることは難しく、闇から抜け出すことも容易ではない。もしあなたが真理の道を求めることに喜びを感じるのなら、あなたはしばしば光の中に生きている。神の家で奉仕する者であることを喜ぶ人で、人に知られなくとも勤勉に、良心的な仕事をし、決して何かを得ようとせず、常に与える者であるのなら、その人は忠実な聖徒だと言おう。報いを求めず、ただ正直であるのだから。率直であろうとし、すべてを与える覚悟があり、神のために命を犠牲にして証しすることができるのなら、神を満足させることだけを考え、自分のことは考えず、自分のためには何も求めないほど正直なら、そのような人は光に養われ、神の国で永遠に生きる人である、とわたしは言おう。

『言葉は肉において現れる』の「三つの忠告」より

 

キリスト教映画「逆境の甘美」抜粋シーン(2)なぜ中国共産党は宗教的信仰を躍起になって迫害するのか

中国共産党は必死に宗教的信仰を弾圧し、攻撃し、禁止してきた。中国共産党キリスト教徒を国家の主要犯罪者とみなしている。同党は革命的な方法を用いてキリスト教徒を弾圧し、捕え、迫害し、殺害することさえ躊躇しない。このようなことを行う中国共産党の理由は何か。神を信じる人々は神を偉大と讃える。彼らは神を崇拝し、真理を求め、人生の正しい道を歩むことを重視する。なぜ中国共産党キリスト教徒を敵と見なすのだろうか。なぜ中国共産党は神を信じる人々と相いれないのか。この映画はなぜ中国共産党が宗教的信仰を迫害するのか、その理由を探る。