東方閃電-小羊の足跡に従っていくこと

東方閃電全能神教会は世界に”神様が帰ってきた”ことを公に証ししています。彼は再臨の主イエスです。神様の羊は神様の声を聞き分けます。多くの真理を渇仰する人は、東方閃電全能神教会を考察します。

その日、空は特に澄んで晴れ上がっていた(その3)

家に戻ると姉妹が説いてくれた教えを反芻し、「あの姉妹が言っていたことは、すべて聖書に沿っている。私はまともな根拠もなしに『一度救われた者は永遠に救われる』と信じていたのね」と考えました。神を信じてきた長い年月を振り返り、罪を犯してはそれを告白するという状態の中で絶えず生きていたことに気づきましたが、その問題を解決することはできず、1人で多くの苦しみを味わっていたのです。このような形で信じ続ければ、最後に神の称賛を得られないと感じました。あの姉妹の話を聞いた私は、主を信じる者が完全な救いを得て天国に入りたければ、再臨された主イエスがなさる人々の裁きと清めの働きを心から受け入れなければならないと、よりいっそう確信するようになりました。それなら、全能神による終わりの日の裁きの働きとは一体何なのでしょうか。全能神はどのように人を清めて変えられるのでしょうか。このようなことを考えながら聖書を捲っていと、主イエスによる次の聖句が見つかりました。

わたしには、あなたがたに言うべきことがまだ多くあるが、あなたがたは今はそれに堪えられない。けれども真理の御霊が来る時には、あなたがたをあらゆる真理に導いてくれるであろう。それは自分から語るのではなく、その聞くところを語り、きたるべき事をあなたがたに知らせるであろう。」(ヨハネによる福音書16:12-13)

さらに、聖書には次のようにも書いてあります。

さばきが神の家から始められる時がきた。」(ペテロの第一の手紙4:17)

耳のある者は、御霊が諸教会に言うことを聞くがよい。」(ヨハネの黙示録2:7)

これを読んだとき、私は夢からようやく目覚めたような気がしました。終わりの日に神がより多くの真理を表され、新たな段階の働きをなさることを、主イエスははるか以前に預言されていたのです。これはまさに、全能神がおいでになり、人を裁いて清める働きをなさるということではないでしょうか。私はこう考えました。

「あぁ!今日、牧師がやって来て邪魔をしなければ、全能神の道についてもっと心ゆくまでに聞けたのに。かつて、私は牧師や長老の言葉に必ず耳を傾けていて、全能神の終わりの日の働きについて探求したり調べたりしたことは一度もなかった。ただ、牧師や長老の言うとおりにしていただけなのよ。自分の心に主の居場所がなかったことに、今日初めて気づいたわ。主の再臨を探求することについても、私は主の御心を求めず、牧師や長老の言葉をうのみにしていた。何て愚かなのかしら!主を信じる私たちは、神を讃え、主の再臨について神の足跡を積極的に探すべきなのよ。そうすることでのみ、私たちは神の御心に従えるのだから。今日私は、牧師の行動が神の御心に従っていないことを理解した。もはや彼らが言うことを無闇に聞くわけにはいかない。全能神の道を求め、調べる必要があるのよ」

翌朝は交わりの続きをするために、最初に胡姉妹の家を訪ねてから、全能神の福音を宣べ伝えてくれた姉妹を探すことにしました。私が家を出る前に、胡姉妹があの姉妹を私の家に連れてきてくれるなど、誰が想像したでしょう。それはまさしく主のお導きだったのです。その姉妹はまず心配そうに、昨日は牧師から嫌がらせをされませんでしたかと尋ねました。私はきっぱりと答えました。

「いいえ。昨日の交わりの後、私はここに戻って、いろいろあったことを注意深く思い返しました。そして、主イエスを信じるだけでは本当に清めていただけないことに気づきました。私たちの堕落した本性がまだ存在しているので、そのために神の完全な救いを得られないのです。さらに、主が終わりの日にお戻りになって裁きの働きをなさることを実際に預言している聖書の一節も読みました。いま、私が何よりも知りたいのは、全能神が終わりの日に行なわれる裁きの働きとは、一体どのようなことなのか、全能神の裁きの働きは、どのように人を清めて変えるのか、ということです」

すると、その姉妹は嬉しそうに言いました。

「神に感謝します!あなたの質問はまさに核心を突いていますよ。というのもその質問は、私たちは神を信じることで、完全な救いを得て天国に入れるのかどうかという重要な問題に関係しているからです。まず、全能神の御言葉に何と書かれているか読んでみましょう。全能神は次のようにおっしゃっています。

もちろん、神の今回の受肉において、神の働きは主に刑罰と裁きを通して神の性質を表すことである。これを基礎として、神は人により多くの真理をもたらし、より多くの実践方法を示し、こうして人を征服し、堕落した性質から人を救うという神の目的を達成する。これが神の国の時代における神の働きの背後にあるものである。』(『言葉は肉において現れる』の「序文」より)『「裁き」という言葉を出せば、ヤーウェがあらゆる場所に向けて語った言葉、イエスがパリサイ人に語った非難の言葉をあなたはたぶん思い浮かべるであろう。それらの言葉の厳しさにもかかわらず、それらは神の人への裁きの言葉ではなく、様々な環境において、つまり異なる脈絡において、神が語った言葉にすぎなかった。それらの言葉は、終わりの日にキリストが人間を裁きつつ語る言葉とは違う。終わりの日には、キリストはさまざまな真理を用いて人間を教え、人間の本質を明らかにし、人間の言動を解剖する。そのような言葉は、人の本分や、人はいかに神に従うべきか、人はいかに神に忠実であるべきか、いかに正常な人間性を生きるべきかや、また神の知恵と性質など、さまざまな真理を含んでいる。これらの言葉はすべて人間の本質とその堕落した性質に向けられている。とくに、人間がいかに神をはねつけるかを明らかにする言葉は、人間がいかにサタンの化身であり、神に敵対する力であるかに関して語られる。裁きの働きを行うにあたって、神は少ない言葉で人間の本性を明らかにするだけではない。神は長い期間にわたり、それをさらけ出し、取り扱い、刈り込む。このようなさらけ出し、取り扱い、刈り込みの方法は通常の言葉が取って代わることはできず、人間が完全に失った真理でなければ取って代われない。このような方法のみが裁きと呼ばれることができる。このような裁きを通してのみ人間は制圧され、神への服従に向かうように徹底的に説得され、さらに神についての真の認識を得ることができる。裁きの働きがもたらすのは、人による神の真の顔の認識と、人間自らの反抗的性質についての真理である。裁きの働きにより、人は神の心、神の働きの目的、人には理解することのできない奥義についてかなり理解できるようになる。また、それにより人は自分の堕落した本質と堕落の根源を認識し、人間の醜さを発見する。これらの効果はすべて、裁きの働きによりもたらされる。それは、実際に、この働きの本質は神を信じる人すべてに神の真理、道、いのちを開く働きだからである。この働きが神による裁きの働きである。』(『言葉は肉において現れる』の「キリストは真理をもって裁きの働きを行う」より)

神の御言葉を読んだ後、姉妹は続けて教えを説きました。

「神の御言葉から、全能神は終わりの日の裁きの働きにおいて、真理の多くの側面を使って人を暴き、人を詳しく調べることがわかりました。神は御言葉によって人の堕落した本質と人の堕落の真相を明らかにし、神に反抗し、神を裏切るサタンのような本性を裁き、私たちに内在するさまざまな種類の堕落を清められるのです。そのような堕落の例として、神の働きに関してさまざまな観念や想像を抱くこと、自分の観念を真理と見なして神の働きを判断すること、そして好き勝手に神を裁き、神を非難し、神に抵抗することが挙げられます。また神を信じていても、実際には不信心者とまったく変わらないのも堕落です。私たちはみな名声と財を求め、そのためにあらゆる対価を支払おうとしますが、誰1人として神に満足していただくために生きてはいません。また、神は実際には、神の御心に従うことでのみ、人は天国に入れるとおっしゃっているのに、主を信じている限り自分たちは救われるとか、主が到来したら、自分たちは天国に引き上げていただけるなどと、私たちは神と相容れないものの見方をたくさんしています。こうしたことは私たちに内在する堕落のほんの一例です。神の裁きと刑罰を通して、これらの堕落した性質や、誤った見方や考え方、サタンの人生の原理も清められて変えられます。そうして私たちは、神に心から従うようになるのです。同時に、私たちは神の裁きと刑罰により、神の義なる性質が人のいかなる背きも容赦しないことを認識し、神がどのような者を愛されるか、どのような者を嫌われるかを知り、人をお救いになる神の意図を理解し、神に畏敬の念を抱き、真理を探求する方法を知り、神の称賛を得るにはどう本分を適切に尽くせばよいかがわかるようになるのです。神の御言葉を経験し実践することにより、私たちは多くの真理を理解するようになります。たとえば、神への信仰を持つということはどういうことか、真に救いを得るとはどういうことか、神に従い神を愛するとはどういうことか、神の御心に従うとはどういうことかを知るようになるのです。私たちの堕落した性質がさまざまな度合いですべて変化していき、私たちの人生観や価値観も変わっていきます。これこそ、神が私たちに行なわれている裁きと刑罰の働きなのです。これを、神の愛による救いと呼ぶこともできます。ですから、終わりの日のキリスト、つまり全能神の御座の前で裁きを受けることでのみ、私たちは真理を受け取れるのです。そのとき初めて罪から解放され、清められ、救済を得ることができるのです。姉妹、この交わりが理解できますか?」

神の御言葉を読み、姉妹が交わりをもってくれたおかげで、私は神の働きと神の御心を理解するようになりました。そして深く感動しながら頷き、こう言いました。

「神に感謝します!全能神の御言葉を聞くことで、神は終わりの日に御言葉の真理を使い、人を裁いて清める働きをなさることがわかるようになりました。私のこれまでの追求はとても漠然として、非現実的でした。それでも今は、終わりの日における神の裁きと刑罰の働きを受け入れることでのみ、人は神に清めていただき、救いを得て天国に入れることを理解しています。全能神は再臨された主イエスでいらっしゃるのです!私の堕落した性質が近いうちに変わるように、喜んで終わりの日の全能神の働きを受け入れ、神の御言葉の裁きと刑罰を受け入れます」

私の言葉を聞いて、姉妹は嬉しそうに微笑み、何度も神に感謝を捧げました。

全能神の御言葉は、自分が心に抱いていた観念から私を解放するとともに、私が自分の堕落した性質をどのように捨て、どのように清めていただくかについて道を示してくれました。今や救済を求める方向と目的が明確になったので、自分の霊が明るくなり、落ち着いて解放されたように感じました。窓の外を見ると、その日の空は特別に澄んで晴れ上がっていました。私は地面に膝をつき、神に祈りを捧げました。「あぁ、神よ。あなたに感謝を捧げます。生きているうちにあなたの再臨をお迎えし、あなたの現れを目撃できるほどの幸運に恵まれたのは、まさに祝福です!でも、私は盲目にして無知です。牧師や長老が広める噂を信じ、自分の考えや想像に固執し、もう少しで永遠の救いを失うところだったからです。あぁ、神よ。私はとても無知で愚かです!進んで悔い改め、救いを得るというこの極めてまれな機会を大切にします。そして、さらに多くの兄弟姉妹が救いを得られるよう、あなたの御前に連れていくつもりです!アーメン!」

その日、空は特に澄んで晴れ上がっていた(その2)

姉妹は続けて教えを説きました。

全能神の御言葉から、神がなさる働きの各段階は、堕落した人類の必要に応じて実行されるのだとわかります。律法の時代の末期、人はサタンによってますます堕落させられ、いっそう多くの罪を犯していました。ヤーウェの律法を破り、石打ちの刑に処されて天の火に焼かれる危険に直面したのです。神は人類を愛していらっしゃいます。神は罪深き肉に似せて自ら受肉され、十字架にかけられて人の罪を贖われました。よって主イエスを信じる限り、私たちは救われます。主は私たちの罪をご記憶なさいません。私たちは直接神の御前に出て神に祈り、神が授けてくださる豊富な恵みを享受することができます。しかし贖われたといって、私たちが罪なき存在になった証明にはなりません。私たち人類は数千年にわたりサタンによって堕落させられてきました。そしてサタンの害毒が私たちの中に深く根づき、私たちのいのちとなり、本性となったのです。私たちは自惚れや傲慢、欺瞞や不実、独善や卑劣、貪欲や邪悪といったサタン的本性に支配されています。それに依然として頻繁に嘘をつき、騙し、罪を犯し、神に抵抗することができます。そのことは、私たちが絶えず罪を犯してはそれを告白するという繰り返しの中で生きていることの根源です。ですから、堕落した人類が必要とするものと、人類をお救いになる神の経営計画をもとに、神は私たちを清めてその堕落した性質を変えるべく、人を裁いて罰する終わりの日の新たな段階の働きをなさるために到来なさいました。そして最終的に、神は十分な救いを得て完全にされた人を天国へと導かれるのです。依然として『一度救われた者は永遠に救われる』という観念に固執し、終わりの日における神の裁きの働きを拒むなら、私たちの血に流れるサタンの害毒が清められることは決してなく、私たちが神の完全な救いを得ることも決してありません。天国に引き上げていただくなどもってのほかです。これらがもたらす結果は非常に重大なものです。ゆえに終わりの日であるいま、恵みの時代をあとにして全能神による終わりの日の裁きの働きを受け入れることでのみ、人は徹底的に清められ、神の完全な救いを得て、良き終着点に行くことができるのです」

姉妹が説く教えを聞きながら、私はこう考えました。

「そうよ。全能神の御言葉はとても実践的だわ。ここ数年、私はいつも日中に罪を犯して夜にそれを告白する生活を送ってきたんじゃないかしら。私たちは主への信仰のおかげで罪を赦されただけで、罪深い本性はまだ残っている。依然として罪を犯し、神に抵抗できるのよ。主は聖くていらっしゃるのだから、頻繁に罪を犯して主に抵抗する人がどうして天国に引き上げていただけるだろう。全能神の御言葉が、長年心にのしかかっていたこれらの問題を解きほぐしてくれた。全能神の御言葉には、私たちが求めるべき真理が確かにある。それは、全能神が本当に再臨された主でいらっしゃるということなのかしら。きちんとそれを調べる必要があるわ」

私は徐々にこの姉妹に対する警戒心を解いていきましたが、話し合った内容について調べようと思った瞬間、ドアを必死にノックする大きな音が突然聞こえました。胡姉妹がドアに駆け寄ると、牧師が部屋に入ってきました。その牧師はまず私を見て、次に全能神の国の福音を説いている姉妹のほうに目を向けると、驚きと怒りに満ちた口調でこう言いました。

「君はここで何をしているんだ。見知らぬ人間の説教を聞いてはならないと言わなかったか。それなのに、ここでこの連中の話を聞いているのはどういうわけなんだ。いますぐ家に帰りなさい。二度とこの連中の話に耳を傾けてはだめだ。騙されたら後悔しても手遅れだぞ!」

牧師は私を叱ったあと、今度は姉妹のほうを向いてこう脅しました。

東方閃電を宣べ伝えているお前たちがやっているのは、私たちの教会に来て信者を盗むことだけだ!いますぐここから出て行け。お前たちが出て行かないなら、私にも考えがあるぞ!」

姉妹に対する牧師の接し方を見た私は大いに嫌悪を感じ、このように言いました。

「牧師さん、この姉妹は本当にいいことを言っていただけで、その内容は聖書と合致しています。私も、全能神が再臨された主イエスだというのは本当のような気がします。あなたも話を聞いて、そのうえで判断してはどうですか。それに聖書にも『旅人をもてなすことを忘れてはならない。このようにして、ある人々は、気づかないで御使たちをもてなした。』(ヘブル人への手紙13:2)と書かれていませんでしたか?主を信じる私たちは愛情を示すべきで、こんな風に人を扱うことはできません。このようにして姉妹を追い出すことは、主の教えに反していないでしょうか」

私がそのように言うのを聞いた牧師は、「君に何がわかるというんだ。イエスを信じている私たちはすでに救われている。再び救われる必要などない!連中は信者を盗もうとしてここにやって来た。だから連中を受け入れてはならない!」と私に向かって怒鳴りました。このとき、福音を福音を宣べ伝えていた姉妹が微笑みを浮かべ、「私たちはみんな主の再臨をお待ちしています。座ってお話ししませんか。主の再臨を逃すと、とても後悔することになります……」と言いましたが、姉妹が言い終わらないうちに牧師は姉妹を追い立て、「黙れ!お前がどんな立派なことを話したとしても、聞くつもりはない!すぐに出て行け!」と言いました。そしてその言葉通り、牧師は姉妹を家から追い出そうと、押したり引いたり暴言を吐いたりしました。姉妹が家から出ると、牧師は私の所に戻ってきてこう脅しました。

「いますぐ家に帰りなさい。今後は東方閃電の連中と二度と接触してはいけない。接触したら君を教会から追放する。そうなったら主に讃えていただき、天国に入る機会を失うんだぞ」

私はすでに姉妹が説いた教えを聞いていたので、主イエスの働きは贖いの働きであって人を清める働きではないこと、そして主は終わりの日にお戻りになって裁きの働きをなさってはじめて、人を徹底的に清めてお救いになることを理解していました。終わりの日における神の裁きの働きを受け入れなければ、人の堕落した性質は変わらず、神の完全な救いを得て天国に入ることはできません。そのため、牧師の言葉は私に大した影響を与えませんでした。私はそれを聞き流し、うなずいて賛成した振りをしてから家に帰りました。

その日、空は特に澄んで晴れ上がっていた(その1)

ティアン・イン

注:著者は、牧師達により伝えられてきた「信仰義認」や「一度救われた者は永遠に救われる」の観念に騙され、これに固執していました。それにより、神の終わりの日の福音を伝道する兄弟姉妹達との接触を拒んでいました。しかし、その後、著者の姉の家で、ある妹が神の国の福音を伝えるのを目の当たりにし、彼女と交流することで、終わりの日の神の裁きの働きを理解するようになり、宗教的概念の愚かさについてはっきりと分かり始めました。著者は牧師によるコントロールを断ち切り、神の終わりの日の働きを受け入れ、神の前に戻りました。

かつて、私は中国の三自教会の信者でした。その教会の集会に参加し始めたころ、牧師はよくこう言ったものです。

「兄弟姉妹の皆さん、聖書には次のように記されています。

なぜなら、人は心に信じて義とされ、口で告白して救われるからである。』(ローマ人への手紙10:10)

私たちは信仰によって義とされ、イエスを信じているために救われたのです。他のものを信じていたら救われることはなかったでしょう……」

私は牧師の言葉をいつも胸に刻みこんでいました。そしてそれらの言葉にかき立てられ、主がおいでになって私を天国に招き入れてくださるのを待ち望みながら、熱心に信仰し、積極的に集会に参加しました。その後、教会内で不正行為が立て続けに起こり、そこでの集会に出るのが嫌になってしまいました。牧師たちが分裂し、おのおのが頂点に立って自分の縄張りを築き上げようとしただけでなく、牧師たちによる説教も中国共産党中央統一戦線工作部(UFWD)の指令に縛られていました。UFWDは「人民のあいだで騒乱を引き起こす」ことを恐れ、牧師に『ヨハネの黙示録』から説教することを許さず、牧師も黙示録から説教することはありませんでした。そしてしばしば献金について説教し、献金すればするほど神から祝福を受けると言っていました。私は教会がこのような状況に置かれたのを見て、「教会はどうしてこんな風になってしまったのだろう。牧師は主を信じていないのか。なぜ主の御言葉に従わないのか。どうして主をこれっぽっちも畏れていないのか」と困惑しました。この時以来、私はもう三自教会の集会に出たくなくなりました。牧師は真に神を信じておらず、兄弟姉妹が頑張って稼いだお金をむしり取るべく神を信じているふりをしている偽の羊飼いだと思ったからです。

1995年の後半、私はためらうことなくこの教会を去り、ある家庭集会(信仰義認教会)に加わりました。最初、彼らの説教は中国政府の規制を受けていないと思いました。『ヨハネの黙示録』を説教に組み入れ、終わりの日や主の再臨について話し合うことさえしていたのです。そのため、彼らの説く教えは三自教会の牧師のものよりはるかにましだと考え、三自教会の集会よりもここでの集会のほうが多くの喜びがあると感じました。私はとても幸せな気持ちになりました。しかししばらくすると、そこでも同労者の中に、嫉妬を剥き出しにして口論する人や、分裂をもたらそうとする人がいることに気づきました。主のお求めに従いながら生きている兄弟姉妹は1人もおらず、かつての愛情がなくなっていました。この教会も三自教会と何ら変わらないことがわかり、私はとてもがっかりしました。さりとて、どこに行けば聖霊の働きがある教会を見つけられるかもわかりません。他によい選択肢がないため、私は信仰義認教会に留まらざるを得ず、そこの集会に参加し続けました。牧師や説教者は口を揃えて、「一度救われた者は永遠に救われる」とか「最後まで忍耐し、主のために苦労して働き、主の道を守る限り、あなたは天国に入れる」などと言っていました。そのため、私は当時、「他の人に何が起きようと、主イエスへの信仰を守り続け、主の道から離れない限り、主が再臨なさるとき、私には天国に引き上げていただく機会があるだろう」と考えていたのです。

あっという間に1997年の後半になりました。神の国の福音がすでに私たちのところまで届き、私たちの教会は混沌とした状態に陥っていました。李指導者はこう言いました。

「最近、東方閃電を宣べ伝える集団が台頭しており、様々な教派からよき小羊を盗むとともに、主イエスはもうお戻りになったとか、働きの新たな段階をなさっているなどと言っています。主イエスは私たちのために十字架にかけられ、神は私たちの罪を贖うべく、ご自身のいのちという対価をお支払いになりました。私たちはすでに救われています。最後まで耐え抜きさえすれば、主が再臨なさるとき、私たちはきっと天国に引き上げていただけます。ですから、私たちは注意し、絶対に東方閃電の人々を受け入れてはなりません。彼らを受け入れる人は誰であれ、教会から追放します!また、彼らが言うことに耳を傾けてもいけません。彼らの本を読んでもいけません……」

ほぼすべての集会で、あらゆる階層の同労者がこの話題で持ちきりのようでした。彼らが話していることを聞いた兄弟姉妹は、意図せずして東方閃電に抵抗し、警戒するようになりました。私もいままで以上に用心と警戒を怠らないようになりました。自分が東方閃電に盗まれてしまい、そのせいで天国に入る機会を失うことを恐れたのです。

しかし1998年になった直後のある日、私は思いがけず全能神教会の人と出会い、はじめて東方閃電の道を聞くという幸運に恵まれました。その日、私は姉から電話をもらい、彼女の自宅に招かれましたが、姉は同郷の胡さんという姉妹も招いていました。胡姉妹は私を見て微笑みを浮かべ、「よくいらっしゃいました。主を信じる私の遠い親戚も来ているんです。一緒に集会を開きませんか」と言いました。私は喜んでうなずきました。程なくして、胡姉妹が親戚の人を連れて戻ってきましたが、この姉妹は私たちを見ると感激した様子で挨拶しました。私は彼女と初対面でしたが、彼女に対する一種の親しみを感じました。すると彼女はこう言いました。

「最近、教会の至るところで荒廃が見られます。説教者は宣べ伝えるべき新しい話題が何もなく、集会のたび、東方閃電にどう抵抗するかを話す以外は、テープを聞かせたり、歌を歌わせたりするだけです。これが集会になってしまいました。同労者は嫉妬を剥き出しにして言い争い、結託し、共謀しています。誰もが極めて独善的になり、他人の言うことに耳を貸しません。兄弟姉妹は否定的で弱くなり、信仰と愛を失いました。多くの人が主のもとを離れ、お金を稼ごうと世俗の世界に戻っています」

私も心の奥底で同じように感じ、うなずきながらその姉妹に言いました。

「私の教会もそんな感じです。以前は毎月の集会に2、30人が出席していたけれど、いまではお年寄りが数名出席しているだけです。説教者でさえ、お金を稼ぐために世俗の世界に行ってしまいました!集会に喜びなんかないんです」

すると姉妹はうなずき、次のように言いました。

「このような状況は、もはや特定の教会だけのものではありません。宗教界全体に広まっている現象なんです。そのことは、聖霊の働きがもはや教会の中で見つけられず、不正な行いが絶えず発生していることを示しています。これは主の再臨のしるしです。まさに、神殿が家畜を売ったりお金のやり取りをしたりする場所になってしまった、律法の時代の終わりと同じなのです。そうなったのは、神がすでに神殿で働きを行なうのをやめられ、その代わりに主イエスとして受肉なさり、神殿の外で働きの新たな段階をなさったからです」

私は熱心に耳を傾け何度も頷きました。そして姉妹はこう続けました。

「姉妹、『ルカによる福音書』17章24節から26節には次のように書いてあります。

いなずまが天の端からひかり出て天の端へとひらめき渡るように、人の子もその日には同じようであるだろう。しかし、彼はまず多くの苦しみを受け、またこの時代の人々に捨てられねばならない。そして、ノアの時にあったように、人の子の時にも同様なことが起るであろう

聖書のこの聖句をあなたはどのように解釈しますか」

私はしばらく真剣に考えてからぎこちなく微笑み、「姉妹、聖書に書いてあるこの聖句は、主の到来についてのものではないでしょうか」と言いました。すると姉妹はこう答えました。

「聖書のこの聖句は主の到来について述べています。しかし、あの遠い昔の時代における主イエスの到来を述べているのではありません。むしろ、終わりの日における主の到来を指しているのです。と言うのも、主はここで、終わりの日に戻られた際に何が起きるかをとても明確に預言なさっているからです。姉妹、教会の信者の信仰はいまやますます冷めていて、否定的で弱い状態になっています。それは、神が再び受肉されて働きの新たな段階をなさっているからです。神の働きは前進しており、神の新たな働きに従わない人は聖霊の働きを失います」

主イエスはすでに再臨なさったと姉妹が言うのを聞いた瞬間、この人は東方閃電の人だという勘が働き、たちまち心が沈みました。「イエスを信じることは救われることです。一度救われた人は永遠に救われます!……東方閃電の人を受け入れてはいけません!……」という、この教会を閉め出している指導者の言葉がすぐに頭の中で浮かび、笑顔が消えてなくなりました。指導者の言葉を考えていると、急いで家に帰りたくなりました。しかし、この考えが頭をよぎったとき、主は次の讃美歌の一節を思い出させることで私を啓いてくださいました。

「イエスは私たちの避難所です。問題に見舞われたときはイエスのもとに隠れなさい。主と一緒であれば、何を恐れる必要があるでしょう」

そして私はこう考えました。

「その通りよ!主が私のそばにいらっしゃるなら、何を恐れる必要があるだろう。私が恐れていることは神からではなくサタンから来たものなのだから」

そのとき姉妹が、「疑問があれば口に出して分かち合いましょう。。神の御言葉が私たちのあらゆる問題や困難を解決してくれます」と言いました。私はその言葉を聞いて、「あなたが私の質問に答えられるとは限らない。東方閃電がいったい何を宣べ伝えているのか、どうしてこんなに多くのよき小羊を盗むことができたのか、ちゃんと突き止めなきゃ」と思いました。

私はそう考えて次のように尋ねました。

「私たちの指導者は、『主イエスは私たちのために十字架にかけられ、神は私たちの罪を贖うべくご自身のいのちという対価をお支払いになり、それゆえ私たちは救われた』と常々言っています。聖書にも『なぜなら、人は心に信じて義とされ、口で告白して救われるからである。』(ローマ人への手紙10:10)と記されています。私たちは一度救われたので、永遠に救われるのです。なので最後まで耐え抜く限り、主がお戻りになるとき、私たちはきっと天国に引き上げていただけます。これは主が私たちになさった約束です。ですから、私たちは神がなさっている新しい働きを受け入れる必要はありません」

すると姉妹は微笑みを浮かべ、私にこう言いました。

「主イエスは私たちのために十字架にかけられ、ご自身のいのちという対価をお支払いになって私たちを贖われたので、私たちはもう救われたと考える信者が数多くいます。一度救われた者は永遠に救われるとか、最後まで耐え抜きさえすれば、主がお戻りになるとききっと天国に引き上げていただけるとか、神のなさる新たな働きを受け入れる必要はないなどと信じているのです。しかし、このような考え方は本当に正しいでしょうか。本当に主の御心に適うものでしょうか。実際、『一度救われた者は永遠に救われる』とか、『主が再臨なさるとき、私たちは天国に引き上げていただける』という考えは人の観念にして想像であり、主の御言葉に即していません。主イエスは、信仰によって救われた者は天国に入れるなどとは一度もおっしゃっていません。むしろ、『ただ、天にいますわが父の御旨を行う者だけが、はいるのである。』(マタイによる福音書7:21)とおっしゃっています。救われることと天にいます父の御心を行なうことは同じではありません。信仰によって救われると私たちが言うとき、この『救われる』という言葉は罪が赦されたことを意味します。つまり、法によって死刑に処されることになっても、主の御前に出て悔い改め、主の救いを受けるならば、主はその人の罪をお赦しになり、その人は法の断罪から自由になり、もはや法によって死刑に処されることはないのです。これが救われることの本当の意味です。しかし、救われるということは、人々が罪から自由になって清められたことを意味しません。私たちはみな、そのことを深く経験しています。私たちは長年にわたって主を信じ、しばしば自分の罪を主に告白して悔い改め、罪を赦していただく喜びと安らぎを享受していますが、意図せず罪を犯すことが依然としてよくあり、いまも罪に囚われています。これは事実です。たとえば、傲慢さ、狡猾さ、身勝手さ、貪欲さ、邪悪さなどといった堕落した性質がいまだ存在し続けています。私たちは依然として、世俗の潮流や富や名声、それに肉の悦びを追い求め、罪深い悦びをむやみに欲しがります。また個人的な利益を守るため、私たちは頻繁に嘘をつき、他人を騙すこともできます。ゆえに、救われることは、完全な救いを得たことを意味するのではありません。これは事実です。聖書には『わたしは聖なる者であるから、あなたがたは聖なる者とならなければならない』(レビ記11:45)と記されています。神は聖なる存在でいらっしゃるのですから、頻繁に罪を犯して神に抵抗する人たちが天国に入ることをお許しになるでしょうか。信仰によって救われた人は天国に入れるとあなたが信じていらっしゃるなら、主イエスはなぜ次の御言葉をおっしゃったのでしょう。

わたしにむかって「主よ、主よ」と言う者が、みな天国にはいるのではなく、ただ、天にいますわが父の御旨を行う者だけが、はいるのである。その日には、多くの者が、わたしにむかって「主よ、主よ、わたしたちはあなたの名によって預言したではありませんか。また、あなたの名によって悪霊を追い出し、あなたの名によって多くの力あるわざを行ったではありませんか」と言うであろう。そのとき、わたしは彼らにはっきり、こう言おう、「あなたがたを全く知らない。不法を働く者どもよ、行ってしまえ」』(マタイによる福音書11:7:21–23)

主は再臨なさるとき、小羊から山羊を、有毒な雑草から麦をお分けになると言われているのはなぜですか。ゆえに、『信仰によって救われた人々は天国に入れる』というのは完全に見当違いなのです。それは主イエスの御言葉とまったく相容れず、主の御言葉を否定するものです!ですから、主の御言葉を受け入れず、それを信じず、それどころか牧師や長老が伝える間違った考えに固執し、自分自身の観念と想像に頼って神を信じるなら、私たちは神のお求めを満たすことができず、天国に引き上げていただくこともできません」

私は姉妹の言葉をじっくり考え、彼女の言ったことには理知があると思いました。そこでじっと座ったまま、黙って彼女の話に耳を傾けました。すると姉妹は話を続けました。

「全能神の御言葉はすでに、救われて完全な救いを得ることの奥義を明らかにしてます。なので全能神の御言葉を一緒に読んで、神がこれについて何とおっしゃっているかを見ていきましょう。全能神はこうおっしゃっています。

当時、イエスの働きは人類すべての贖いであった。イエスを信じるすべての人の罪は赦された。イエスを信じているならば、イエスはあなたを贖う。イエスを信じたなら、もはや罪人ではなく、罪から解放されたのである。これが救われるということで、信仰によって義とされるということである。しかし、信じている人たちの中には反抗的で、神に逆うものが残っており、それはやはりゆっくり取り除かれなければならなかった。救われることは人が完全にイエスのものとなったことを意味したのではなく、その人はもう罪の中にはおらず、罪が赦されたことを意味した。信じるならば、もう罪の中にはいないということである。』(『言葉は肉において現れる』の「神の働きのビジョン(2)」より)

人が贖われる前、サタンの毒の多くがすでに人の中に植え付けられていた。サタンによる堕落を何千年も経た人間には、神に抵抗する性質が既に定着して存在していた。だから、人が贖われたとき、それは人が高い代価で買い取られた贖い以上のものではなく、人の中の毒を持った性質は取り除かれてはいなかった。ここまで汚れた人は、神に仕えるにふさわしくなる前に変えられなければならない。裁きと刑罰の働きを通して、人は自分の中の汚れて堕落した本質を完全に知るようになる。そして、人は完全に変わり、清くなることができる。この方法でのみ、人は神の玉座の前に戻るのにふさわしくなることができる。 … 人は贖われ罪を赦されたが、それはただ神が人の過ちを覚えず、過ちに応じて人を取り扱わないこととみなすことが出来る。しかし、肉に生きる人が罪から解放されていないと、人は堕落したサタン的な性質をどこまでも顕し続け、罪を犯し続けることしかできない。これが人の送る人生で、罪と赦しの終わりのないサイクルである。大多数の人は昼間罪を犯し、夜になると告白するだけである。そのように、たとえ罪のためのいけにえが人にとって永久に有効だとしても、人を罪から救うことはできない。救いの働きは半分しか完成していない。人は堕落した性質を持ち続けているからである。 … それはサタンによって植えつけられて人の心の奥深くに根ざし、罪よりも深くはびこっている。人が自分の罪に気づくのは容易ではない。人は自分自身の深く根ざした本性を認識することができない。言葉による裁きに頼らなければそのような成果を達成することはできない。これによって初めてその時点から次第に人は変えられていくのである。』(『言葉は肉において現れる』の「受肉の奥義(4)」より)

あなたは終わりの日にイエスが降臨することだけは知っているが、正確にはどのように降臨するのだろうか。あなた方のように贖われたばかりで、まだ変えられておらず、神に完全にされてもいない罪人が、神の心に適うだろうか。古い自我を持ったままのあなたは、イエスによって救われたのは事実であり、神の救いのおかげで罪人とは見なされなくなったが、これは、あなたには罪や汚れがないという証拠ではない。変えられないままであれば、あなたはどうして聖いものとなれるのか。内側では、あなたは汚れに満ち、自分勝手で卑劣であるにもかかわらず、イエスと共に降臨することを望む――あなたはそこまで幸運ではない。あなたは神を信じる上での段階を一つ見落としている――あなたは単に罪から贖われただけで、変えられてはいないのである。あなたが神の心に適うためには、神が自らあなたを変えて清める働きをしなければならない。もしあなたが罪から贖われただけなら、聖さを得ることはできない。このように、あなたは、神が人を経営する働きの一段階、つまり変えられて完全にされるという重要な段階を逸したために、神の良き祝福を共有する資格はないであろう。よって、贖われたばかりの罪人であるあなたは、直接神の嗣業を受け継ぐことはできないのである。』(『言葉は肉において現れる』の「呼び名と身分について」より)」

終電に乗る」から、その二「主イエスが肉体に戻るについての預言」

 

世の終わりに主イエス受肉して再臨されるということは聖書に預言があるのでしょうか。本短編映画に注目してください。

[東方閃電]全能神教会は、主イエスの再臨である終わりの日のキリスト全能神の現れと働きによって創られました。当教会は、終わりの日の全能神の働きを受け入れ、神の言葉によって征服され救われるすべての人々によって成り立っています。当教会は、全能神ご自身によって全てを創られ、全能神ご自身によって導かれ牧養されています。決して人によって創られたものではありません。キリストは道であり、真理であり、いのちなのです。神の羊は神の御声を聞きます。全能神の言葉を読めば神が現れられたのを見ることができます。

 

聖書について(4)

多くの人は、聖書を理解することと解釈できることは、真の道を探すのと同じことだと信じている。しかし、実際、物事はそんなに単純だろうか。聖書の実際は誰も知らない。つまり、聖書は単なる神の働きについての歴史的記録であること、神の以前の二段階の働きについての証しであること、神の働きの目的については何も教えていないことである。聖書を読んだことのある人はみな、そこには律法の時代と恵みの時代の二つの段階での神の働きが記録されていることを知っている。旧約はイスラエルの歴史と創造から律法の時代の終わりまでのヤーウェの働きを記録している。新約では四福音書に、イエスの地上の働きと、パウロの働きを記録している。これらは歴史的記録ではないのか。過去の物事を今日に持ち込めば、それは歴史となり、どんなにそれが事実で真実であろうと、やはり歴史である。そして、歴史は現在について取り上げることはできない。神は歴史を振り返らないからである。だから、聖書だけを理解して、神が今日しようとしている働きを何も理解しないのなら、また、神を信じていても聖霊の働きを求めないのなら、あなたは神を求めるということがどういうことなのか、わかっていない。イスラエルの歴史を学ぶために、神の天地創造の歴史を研究するために聖書を読むのなら、あなたは神を信じていない。しかし、今日、あなたは神を信じていのちを求めているのだから、神の認識を求めているのだから、また、死んだ文字や教義を求めていないのだから、あるいは、歴史を理解しようとしているのではないのだから、あなたは今日の神の心を求めなければいけない。そして、聖霊の働きの方向を尋ね求めなければいけない。もしもあなたが考古学者なら、聖書を読んでもよいであろう。しかし、そうではない。あなたは神を信じる者の一人なのだから、神の現在の心を探し求めるのが一番だ。聖書を読めば、せいぜいイスラエルの歴史が少しだけ、またアブラハムダビデモーセの生涯を学び、彼らがどのようにヤーウェを崇めたか、ヤーウェが自分に敵対する人々をどのように火で罰し、その時代の人々にどのように話したかといったことがわかるだろう。神が過去に行った働きのことだけがわかるだろう。聖書の記録は、初期のイスラエルの人々がいかに神を崇め、ヤーウェの導きの下で生きたかということに関連している。イスラエル人は神の選ばれた民であったので、旧約では、イスラエルのすべての人々のヤーウェへの忠誠や、ヤーウェに従う人々が神からどのように守られ祝福を受けたかがわかる。また、イスラエルで働いたとき、神は慈悲と憐れみに満ちていたが、また激しい炎ももっていたこと、イスラエルの民は卑しい者から強い者まですべてがヤーウェを崇め、そのためすべての民は神から幸いを受けたことを知ることができる。これが旧約に記録されているイスラエルの歴史である。

聖書は神のイスラエルでの働きの歴史記録であり、古代の預言者たちの数多くの預言と、ヤーウェが当時その働きについて述べたことの一部が記録されている。だから、人々はこの本を神聖なものとして尊ぶ(神は聖く、偉大であるから)。もちろん、これはみな、人々のヤーウェへの畏敬と神への尊崇から来ている。人々がこの本をこのように扱うのは、神の被造物が自分たちの創造主を深く畏敬するためで、この本を天の書と呼ぶ者さえいる。実際のところ、これは人間の記録でしかないのだが。これはヤーウェが直接名付けたものではないし、ヤーウェが直接その作成を導いたものでもない。つまり、この本の著者は神ではなく、人間なのだ。聖書は、人間が敬ってつけた書名に過ぎない。この書名は、ヤーウェやイエスが話し合って決めたものではない。これは人間の考えでしかない。この本はヤーウェの著書ではないし、ましてイエスの著したものでもない。そうではなくて、多くの古代の預言者使徒たち、予知する者の書いたものを後の世代が編集して、その人々にはとりわけ聖いものと映った古代の文書を一冊の本に、未来の世代によって解読されるのを待っている多くの計り知れない深遠な奥義を含んでいるとその人々が信じた一冊の本に、まとめたものである。だから、よけいに人々はこの本を天の書だと考えがちである。四福音書と黙示録の追加によって、この本への人々の態度は、他のどの本とも異なっていて、誰一人、この「天の書」を解明しようとしない。――それはあまりに「神聖」だからだ。

なぜ、聖書を読むとすぐに、実践の正しい道を聖書の中に見つけることができるのだろうか。なぜ人々には不可解であったものを幾分でもとらえることができるのか。今日、わたしはこのようにして聖書を分析しているが、これはわたしが聖書を憎んでいるからではないし、また、参考としての価値を否定するものでもない。わたしが聖書の本来の価値とそのなりたちを説明し、明確にしているのは、あなたが闇の中にとどまることのないようにである。人々は聖書について実に多くの解釈をしており、その多くは誤っているので、聖書をこのように読むのは、得るべきものを得ることを妨げるだけではなく、さらに重要なことに、わたしのしようとする働きの妨げとなる。これは未来の働きのために、はなはだしく邪魔なものとなり、有用さより欠点ばかりをもたらす。だから、わたしがあなたに教えていることは、単に聖書の本質とその内部事情である。わたしは聖書を読むなと言っているのではないし。また、聖書がまったく無価値だと告げて歩けとも言っていない。ただ、聖書に関して正しい知識と見方をもつべきだというのだ。あまり偏った見方をしないことだ。聖書は人間の書いた歴史書だが、これはまた、古代の聖人や預言者が神に仕えた原則とともに、近い時代の使徒たちが神に仕えた経験を記した文書でもある。これらはみな、そうした人々が実際に見て、知った事柄であり、この時代に真の道を求める人々に関する参考としては役立てることができる。だから、聖書を読めば、他の書物からは得られない多くのいのちの道について知ることができる。これらの道は、預言者使徒たちがかつて経験した、聖霊の働きのいのちの道であり、その言葉の多くは貴く、人々の必要とするものを与えてくれる。だから、人々はみな聖書を読むことを好むのである。聖書にはまことに多くの事が隠されているから、人々の聖書の見方は偉大な宗教家の著作に対するものとは異なっている。聖書は古代と新しい時代にヤーウェやイエスに仕えた人々の経験と認識を集めた記録で、後の世代は、これにより多くの啓示、洞察、実践への道を学ぶことができた。聖書がどの偉大な宗教家たちの著作よりも高位にあるのは、彼らの著したものが聖書から引き出したものであり、彼らの経験はみな聖書から来ていて、いずれも聖書を解説しているからである。そこで、人々は偉大な宗教家の著書から糧を得られるが、彼らはまだ聖書を崇める。聖書がじつに偉大で深遠に思われるからだ。聖書はパウロ書簡やペテロの書簡といった、いのちの言葉の書の一部を収めているし、また、人々はこれらの書から必要なものや助けを得ることができるものの、これらの書は時代遅れで、過去の時代に属するものである。どれほど優れていても、一つの時代にだけ通用するもので、永遠ではない。神の働きは常に進展しており、ただパウロやペテロの時代にとどまることはできないし、いつまでもイエスが十字架につけられた恵みの時代にとどまることもできない。だから、これらの書は恵みの時代にのみふさわしいものであって、終わりの日の神の国の時代にはふさわしくない。これらは恵みの時代の信者の必要を満たすものであって、神の国の時代の聖徒のためのものではない。どんなにすぐれたものであっても、それらは過去のものなのだ。これはヤーウェの創造の働きやイスラエルでの働きも同様だ。働きがどんなに偉大なものであっても、それは過去のものであって、それが廃れる時が来ることは決まっていた。神の働きもまた同じである。偉大だが、終わる時が来る。いつまでも創造の働きにとどまることはできないし、十字架刑の時代にとどまっていることもできない。十字架刑の働きがいかに説得力があり、サタンを打ち負かすことにおいてどれほど効果的であっても、結局、働きは働きであり、時代もまた時代なのである。働きはいつまでも同じ基礎の上にとどまれない。また、時代がけっして変わらずにあるということはありえない。創造があったのだから、終わりの日がなければならない。これは必然だ。だから、今日、新約のいのちの言葉、つまり使徒たちの書簡とそれに四福音書は歴史的な書となり、古い年鑑となった。古い年鑑がどうして人々を新たな時代に導けるであろうか。年鑑がどれほど人々にいのちを与えることができたとしても、人々を十字架に導くことができたとしても、時代遅れなのではないか。価値がないのではないか。だから、盲目的にこれらの年鑑を信じるべきではないと言うのだ。ああしたものは古すぎて、あなたを新たな働きに至らせることができず、重荷になるだけだ。新たな働き、新たな進路に至らせることができないばかりか、古い宗教的な教会に入らせる。もしそうなると、神への信仰において退歩していることになるのではないか。

聖書に記されているのは、イスラエルにおける神の働きであり、そこにはイスラエルの選ばれた民によって行われたことも幾つか含まれている。つまり、これはヤーウェのことについて述べたものだ。これについて、聖霊は批判してはいない。聖書の成り立ちの過程にはどの部分を入れどの部分を除くかという選択があり、聖霊はこれを認めないが、批判もしない。聖書はイスラエルと神の働きの歴史の記録でしかない。人々、物事、そしてその記録していることは、みな事実であり、それらには象徴的な意味は全くなかった。――もちろん、イザヤとダニエルと、その他の預言者たちやヨハネの幻の書を除いては。イスラエルの初期の人々は知識が豊富で教養があり、彼らの古代の知識や文化はきわめて進んだものであり、彼らの書いたものは今日の人々のものより高度であった。だから、彼らがこれらの書を著せたのは驚くにあたらない。ヤーウェは彼らの間で実に多くの働きをし、彼らは多くを見たのだから。ダビデはヤーウェのわざをその目で見、自らそれを味わい、多くのしるしと不思議を見た。そこで、ヤーウェのわざをたたえて、あの多くの詩歌を書いた。彼らがそうした書を著すことができたのは、その置かれた状況のためであり、彼らが神聖であったためではない。彼らがヤーウェをたたえたのは、ヤーウェを見たからである。もしあなたたちがヤーウェをまったく見たことがなく、神の存在を知らなければ、どうして神をたたえることができたであろうか。ヤーウェを見たことがなければ、神をたたえることも、崇めることも知らないままであろうし、まして神をたたえる歌を書くこともできないであろう。そして、たとえヤーウェのわざを何かでっち上げてくれと言われても、できないであろう。今日、あなたたちが神をたたえ、神を愛するのは、あなたたちが神を見て、神の働きを経験したからでもある。そして、もしもあなたたちの能力が向上したなら、あなたたちもまた、ダビデのように神をたたえる詩を書けるようになるのではないか。

聖書を理解し、歴史を理解するが、聖霊が今日何をしているかを理解しない──これは間違っている。あなたは歴史を学ぶことはよくできたし、実にすばらしい成果を上げた。しかし、聖霊が今日している働きについては、何も理解していない。これは愚かなことではないか。人々があなたに「神は今、何をしているのですか。あなたたちは今日、何に入るべきなのですか。あなたのいのちの探究はどうはかどっていますか。あなたは神の御心を理解しているのですか」と尋ねても、あなたには答えることができないであろう。それで、あなたは何を知っているのか。あなたは、わたしは肉に背を向け、自分を知らなければいけないことを知っているだけですと言うであろう。そして、もし相手が「他には何を知っているのですか」と尋ねたなら、あなたは、神のすべての計画に従うことを知っている、そして、聖書の歴史について少し知っている、それで全部だと答える。それが、この数年間神を信じてきて、学んだことのすべてなのだろうか。それがあなたが理解していることのすべてなら、あなたには実に多くのことが欠けている。だから、あなたたちの今日の背丈では、わたしがあなたたちに求めることを満たすことは基本的にできないし、また、あなたたちの識別力とあなたたちの理解している真理はあまりにわずかである。つまり、あなたたちの信仰はあまりに表面的なのだ。あなたたちは、もっと真理を身につけなければいけない。あなたたちにはもっと認識が必要だ。あなたたちはもっと多くを見なければいけない。そうしてはじめて、福音を広められる。これがあなたたちの成し遂げるべきことなのだから。

聖書について(3)

聖書にあることがみな、神が直接語った言葉の記録だというわけではない。聖書はただ、神の働きのうちの前の二段階を文書で記録しているに過ぎない。そこには預言者たちの預言と、各時代で神に用いられた人々の経験と認識を記したものが含まれる。人間の経験には人間の意見や認識が紛れ込んでいるが、これは避けられないことである。聖書の多くの書には、人間の観念、人間の偏見、人間の愚かしい解釈が含まれている。もちろん、ほとんどの言葉は聖霊による啓示と教えの結果で、それらは正しい解釈である。しかし、すべてが真理を正確に表現しているとは言えない。ある物事についての見方は、個人的な経験による知識に過ぎないか、聖霊による啓示である。預言者たちの預言は神が直接指示したものだ。イザヤ、ダニエル、エズラ、エレミヤ、そしてエゼキエルの預言は聖霊が直接指示したものだ。これらの人々は預言者で、預言の霊を受けた。彼らはみな旧約の預言者であった。律法の時代、ヤーウェの霊感を受けたこれらの人々は、多くの預言を語った。それはヤーウェが直接指示したものであった。それでは、なぜヤーウェは彼らの内で働いたのだろうか。イスラエルの人々が神の選ばれた民だったからだ。預言者の働きは彼らの間で行わなければならなかったし、彼らはそうした啓示を受ける資格をもっていた。実際のところ、彼ら自身は神の啓示を理解していなかった。聖霊が彼らの口を通して言葉を述べたのは、未来の人々がそれらのことを理解し、それらがほんとうに神の霊、聖霊の働きであって、人間から出たものではないとわかるようにであり、聖霊の働きを確認させるためであった。恵みの時代には、イエス自身が彼らに代わってこの働きをすべて行った。だから、人々はもはや預言を語らなかった。では、イエス預言者だったのだろうか。イエスは、もちろん、預言者だった。しかし、イエスはまた、使徒の働きもできた。イエスは預言を告げることも、全土の人々に教えを説くこともできた。しかし、イエスのした働きと、その身分は同じではない。イエスはすべての人間を贖うために、罪を贖うために来たのである。イエス預言者使徒であったが、それ以上にキリストであったのだ。預言者は預言を告げることができるが、だからといって、その人がキリストだとは言えない。当時、イエスは多くの預言を語ったので、イエス預言者であったと言うことはできるが、預言者であったからキリストではないとは言えない。つまり、イエスは神自身を代表して一つの段階の働きを実行したのであり、その身分はイザヤとは違う。イエス贖いの働きを完了するために来た。イエスはまた人間にいのちを与えた。また、神の霊が直接イエスに訪れた。イエスの行った働きには、神の霊の霊感やヤーウェからの指示はなかった。その代わりに霊が直接働いた──このことは、イエス預言者と同じではなかったことの十分な証拠である。イエスの行った働きは贖いの働きで、それに次ぐのが預言を語ることであった。イエス預言者使徒、そしてそれ以上に贖い主であった。一方、預言者たちは、預言ができるだけで、他の働きをして神の霊を代表することはできなかった。イエスは、かつて人間がしたことのない働きをかなり行ない、人間の贖いの働きをしたので、イザヤのような人々とは違っていた。現在の流れを受け入れない人々がいるのは、これがその人たちの妨げとなっているからである。その人たちは言う。「旧約では多くの預言者もまた多くの言葉を語っています。では、なぜあの人たちは受肉した神ではなかったのですか。今日の神は言葉を語る──それで、あの人が受肉した神であると証明するのに十分なのですか。あなたは聖書を重視していないし、聖書の勉強もしない──では何を根拠にしてあの人が受肉した神だと言うのですか。あなたは、彼らは聖霊に導かれていて、あなたは、この段階の働きは神が自ら行う働きだと信じています。――でも、その根拠は何なのですか。あなたは今日の神の言葉に注意を集中し、まるで聖書を否定して、脇に置いてしまったかのようです。」それで、人々はあなたが異端の教えを信じており、邪教集団の一員だと言う。

もしあなたが終わりの日の神の働きを証ししたいのなら、聖書の内部事情、聖書の構成、そして聖書の本質を理解しなければいけない。今日、人々は聖書が神であり、神は聖書だと信じている。また、聖書の言葉のすべてだけが神の語った言葉であって、それはみな、神が語ったと信じている。神を信じている人々は、旧約と新約の六十六書はすべて人間が書いたものだけれど、これらはみな神から霊感を受けており、聖霊の告げたことを記録しているのだとさえ考えている。これは人々の解釈が誤っているのであって、事実に完全に沿ったものではない。実際、預言の書以外、旧約のほとんどは歴史的記録である。新約の書簡のいくつかは人々の経験に基づいたもので、またいくつかは聖霊の啓きによるものである。たとえば、パウロの書簡はひとりの人間の働きから生まれたもので、それはみな、聖霊の啓きを受けた結果であった。また、その書簡は教会のために書かれたもので、教会の兄弟姉妹への勧告と激励の言葉だった。聖霊の語った言葉ではなかったのである。パウロ聖霊の代わりに語ることはできなかった。また、彼は預言者でもなかったし、ましてヨハネが見たような幻を見てもいない。パウロの書簡はエペソ、フィラデルフィア、ガラテヤ、その他の教会に向けて書かれた。だから、新約のパウロの書簡はパウロが諸教会に向けて書いた手紙で、聖霊の霊感によるものではないし、また、聖霊が直接語ったものでもない。あれは単に、パウロが働きの間に諸教会に向けて書いた勧告と慰めと励ましの言葉である。また、当時のパウロの活動の大部分の記録でもある。あれは主における兄弟姉妹のために書かれたもので、当時のすべての教会の兄弟姉妹に、パウロの助言に従い、主イエスの教えを守らせるためのものだった。当時の教会であれ、未来のものであれ、パウロは自分の書いたものをみなが飲み食いしなければならないとは絶対に言わなかったし、また、自分の言葉がみな神から出たものだとも言わなかった。当時の教会の状況に合わせて、パウロは単に兄弟姉妹と心の交流をして、彼らを励まし、彼らの信仰を深めようとしていた。そして、彼は単に説教をしたり思い起こさせたりして、勧告していたのだ。彼の言葉は、彼自身の重荷に基づいて、言葉によって人々を支えたのだ。彼は当時の教会の使徒としての働きをした。彼は主イエスに用いられた働き手だった。そして、教会の責任を与えられていた。彼は教会の仕事を行なうよう任じられていて、兄弟姉妹の状況を調べなければいけなかった。そのために、主においての兄弟姉妹すべてに手紙を書いたのだ。彼が人々に向けて言った信仰を養い、確信に満ちた言葉はみな正しかったが、それは聖霊の言葉を代弁していたのではないし、パウロにも神の代理はできなかった。一人の人間の経験の記録や手紙を聖霊が諸教会に向けて語ったものとして扱うのは、ばかげた解釈であり、ひどい冒瀆である。パウロが諸教会に向けて書いた手紙については、特にそうである。彼の手紙は当時の各教会の事情や状況に基づいて兄弟姉妹に向けて、主における兄弟姉妹を励まし、主イエスの恵みを受けられるようにと書いたものなのだから。彼の手紙は、当時の兄弟姉妹を奮起させるためのものであった。これは彼自身の重荷であり、聖霊が彼に負わせたものだったといえる。結局のところ、彼は当時の教会を導いた使徒で、諸教会に手紙を書いて励ました。それが彼の責任であった。彼の身分は単に活動中の使徒であって、単に神に遣わされた使徒だった。彼は預言する者でも、予知する者でもなかった。だから、彼にとって自分の働きと兄弟姉妹の生活が最も重要なものであった。それで、彼は聖霊を代弁することはできなかったのだ。彼の言葉は聖霊の言葉ではなかったし、まして、神の言葉であったとは到底言えない。パウロは神の被造物でしかなく、受肉した神では絶対になかったのだから。彼の身分はイエスの身分とは違っていた。イエスの言葉は聖霊の言葉で、神の言葉であった。イエスの身分はキリスト、神の子であったのだから。どうしてパウロがイエスと対等になれるのか。もし人々がパウロの書いたような手紙や言葉を見て、聖霊の言葉として神のように崇めるなら、それはあまりにも分別がないと言うことになるだろう。もっと厳しい言い方をすれば、これは冒瀆以外の何物でもないのではないか。どうして人間が神に代わって話せるのか。また、どうして人々は人間の手紙や語った言葉の記録をまるで聖なる書か天の書であるかのように、その前に額づくことができるのであろうか。神の言葉は人間が何気なく口にできるものなのか。どうして人間が神に代わって話せるのか。それで、どう思うのか──パウロが諸教会に宛てて書いた手紙には、彼自身の考えが混じっているのではないか。どうして人間の考えで汚れていないと言えるであろうか。彼は自分の個人的経験や人生の幅に基づいて諸教会に向けて手紙を書いた。たとえば、パウロはガラテヤの諸教会に向けて手紙を書いているが、そこには、ある意見が含まれている。そして、ペテロも別の手紙を書いているが、別の意見が見られる。どちらが聖霊から出たものなのか。誰一人確かなことを言えない。だから、彼らは二人とも教会のために重荷を負っていたが、二人の手紙は彼らの霊的背丈を、彼らの兄弟姉妹に向けた備えと支えを、諸教会への彼らの責任を象徴している。その手紙は人間の働きを表しているに過ぎない。すべてが聖霊から出ていたのではないのだ。もしもパウロの手紙は聖霊の言葉だというのなら、その人は愚かで、冒瀆を犯している。パウロ書簡と新約のその他の書簡は、もっと最近の宗教活動家の回顧録のようなものだ。それらはウォッチマン・ニーの著書やローレンスの経験その他と同じようなものだ。簡単に言えば、最近の宗教活動家の著作は新約には含まれていないが、そうした人物の本質は同じである。彼らは一定の期間、聖霊に用いられた人々であったが、直接神を代表することはできなかったのである。

新約のマタイの福音書は、イエス系図を記録している。冒頭で、イエスアブラハムの子孫、ダビデの子孫、ヨセフの子であったと述べている。次に、イエス聖霊によってもうけられ、処女から生まれたと述べている。すると、イエスはヨセフの子でもアブラハムの子孫でもダビデの子孫でもない ことになる。しかし、系図はイエスとヨセフのつながりを主張している。次に、系図はイエスが誕生した過程を記し始める。それによると、イエス聖霊によってもうけられ、処女から生まれたのであり、ヨセフの子ではない。しかし、系図では、はっきりと、イエスがヨセフの子であると書いてあり、系図はイエスのために書かれているため、その記録は四十二世代に及ぶ。ヨセフの代になると、ヨセフがマリヤの夫であると手短に告げている。これらの記述は、イエスアブラハムの子孫であることを証明するためのものである。これは矛盾ではないのか。系図は明らかにヨセフの祖先を列挙しており、それは確かにヨセフの系図なのだが、マタイは、それがイエス系図だと主張している。これはイエス聖霊によって生まれたことを否定するものではないのか。だから、マタイの系図は人間の考えではないのか。これはばかげている。このことから、この書がすべて聖霊から出たものではないことがわかる。おそらく、神には地上に系図がなければいけないと考えた人々がいて、その結果、イエスアブラハムの四十二代目の子孫だとしたのではないであろうか。これはまことに愚かなことだ。地上に到着した後で、どうして神に系図があり得るのか。神に系図があると言うのなら、それは神を被造物と同列に置いているのではないか。神は地上の存在ではなく、創造の主であり、肉の体をもってはいても、本質においては、人間と同じではないのだ。どうして神をその被造物と同じものにできるのか。アブラハムは神の代理人ではない。彼はヤーウェの当時の働きの対象であり、単にヤーウェの認める忠実なしもべでしかなく、イスラエルの民の一人であった。どうして彼がイエスの祖先であり得ようか。

誰がイエス系図を書いたのか。イエス自身が書いたのだろうか。イエスは自ら「わたしの系図を書きなさい」と言ったのだろうか。これはイエスが十字架につけられた後で、マタイが記録したものである。当時、イエスは弟子たちには理解のできない働きを数多く行ったが、何も説明していない。イエスが去った後、弟子たちはいたるところで説教と働きを始め、その段階の働きのために、彼らは手紙と福音の書を書き始めた。新約の福音の書はイエスが十字架につけられてから二十年から三十年後に書かれた。それ以前には、イスラエルの人々は旧約だけを読んでいた。つまり、恵みの時代の始めに、人々は旧約を読んだのである。新約は恵みの時代になって、はじめて現れる。イエスが働いていた間、新約は存在しなかった。イエスがよみがえり、昇天した後になって、人々はイエスの働きを記録した。そうしてはじめて、四福音書が生まれ、それに加えて、パウロとペテロの書簡、そして黙示録が生まれた。イエスが昇天して三百年以上過ぎた後で、後の世代が記録を集め、新約が生まれた。この働きが完了した後ではじめて新約が存在した。それ以前にはなかったのである。神がすべての働きを行った。使徒パウロも自分のすべての働きを行った。その後に、パウロとペテロの書簡が集められ、ヨハネがパトモス島で記録した最大の幻が、終わりの日の働きを預言していたため、最後に加えられた。これらはみな、後の世代の編集したものであって、今日の言葉とは別物である。今日記録されていることは、神の働きの段階に沿ったものである。人々が今日関わっているのは、神が自ら行った働きであり、神が自ら語った言葉である。人は介入する必要がない──霊から直接出る言葉は順を追って並べられており、人間の記録を編集したものとは異なっている。彼らが記録したものは、彼らの教養と人間としての能力の程度に従っていたと言える。彼らが記録したものは人間の経験であった。人々にはそれぞれ自分なりの記録の手段と認識があり、それぞれの記録は異なっていた。だから、聖書を神と崇めるなら、あなたは極めて無知で愚かだということになる。なぜ今日の神の働きを求めないのか。神の働きだけが人間を救うことができるのである。聖書は人間を救えない。彼らは聖書を数千年の間読むことが出来たが、それでもなお彼らのうちには少しの変化も見られない。そして聖書を崇めるのなら、けっして聖霊の働きを得ることはないであろう。イスラエルで神の行った二段階の働きは、いずれも聖書に記録されている。だから、これらの記録の中に見る名前はみなイスラエルのもので、出来事もすべてイスラエルにおけるものである。「イエス」という名前さえ、イスラエル人の名である。もしも今日聖書を読み続ければ、因習に従うことになるのではないか。新約聖書に記録されていることは、ユダヤの物事である。原文はギリシャ語とヘブライ語で書かれており、イエスの言葉とイエスが当時呼ばれた名はすべて人間の言語のものである。イエスが十字架につけられた時、イエスは「エリ、エリ、レマ、サバクタニ」と言った。これはヘブライ語ではないのか。これは、単にイエスユダヤ受肉したためであり、神がユダヤ人であるとの証明ではない。今日、神は中国で受肉した。だから、その語ることはみな、間違いなく中国語である。しかし、原文の言葉が違うのであるから、中国語訳の聖書とは比較できない。一方は人間が記録したヘブライ語を原典とし、他方は霊による直接の言葉から来ているのである。