東方閃電-小羊の足跡に従っていくこと

東方閃電全能神教会は世界に”神様が帰ってきた”ことを公に証ししています。彼は再臨の主イエスです。神様の羊は神様の声を聞き分けます。多くの真理を渇仰する人は、東方閃電全能神教会を考察します。

キリスト教映画「赤の家庭教育」抜粋シーン(3)中国共産党の神様に対する反抗の元凶と結果をクリスチャンらが説明します

クリスチャンを迫害する中国共産党が未だに神様に滅ぼされないでいるのを見て、多くの人々は神様に反抗することが天罰を受けることになると思うどころか、神様の存在や支配さえも信じなくなっています。これは真理に基づいた考えでしょうか? もっと見る:中…

キリスト教映画「赤の家庭教育」抜粋シーン(2)中国共産党による2014年山東招遠殺人事件の裁判の裏側にはどのような陰謀が隠されていたのでしょうか

中国と世界中の人々に衝撃を与えた5.28山東招遠事件。その後、中国共産党が起こした裁判で容疑者らは、自分たちは全能神教会の会員ではないことを明確に証言しましたが、党は依然としてその事実を否定しました。その動機は一体何だったのでしょうか?その裏…

キリスト教映画「神様の名前は変わった?!」聖書にある神の新しい名の奥義を解き明かす 完全な映画のHD

王華は中国南方のある家庭教会の説教者です。主を信じた時から彼女は聖書の中で、旧約時代に神様の名前は「エホバ」、新約時代に神様の名前は「イエス」であるということを発見しました。神様の名前はなぜ変わったのでしょうか。このため王華はいろいろ考え…

キリスト教映画「祝福と災い」お金で幸せは買えるのか 完全な映画のHD2018

杜鵑は貧困家庭の出身だったので、小さな頃から大金を稼いでもっと良い暮らしをしようと心に決めていました。この目標のために、学校を中退して手作業の仕事に就きました。お金を稼ぐためにできることは何でもやり、仕事がきつくて疲れても、不平不満は漏ら…

終わりの日のキリストの語られる言葉「神について何を理解しているのか」

全能神は言われます「神は、聖霊、霊、7倍に強化された霊、すべてを包み込む霊であるだけでなく、人、普通の人、ことのほか平凡な人でもある。神は男性だけでなく、女性でもある。彼らはどちらも人間に生まれたという点で同じであるが、一人は聖霊によって…

終わりの日のキリストの語られる言葉 「神の働き、神の性質、そして神自身 3」 その3

全能神は言われます「このことから何が分かるであろうか。神が人性で業を行った場合、神の方法、言葉、真理はすべて人間的方法で表出される。しかし、これと同時に、人々が神の性質、神の中にある物事や神の存在、神の旨を知り、理解できるように、これらの…

終わりの日のキリストの語られる言葉 「唯一の神自身 3 神の権威(2)」 抜粋(舞台版朗読)

神が人間の運命を統治しているという事実は、誰にも変えることが出来ない神の権威に服従することを望む者の適切な姿勢と行動自分の唯一の主として神を受け入れることが、救いを得る第一歩である『言葉は肉において現れる(続編)』より 更に多くの情報:「待…

聖霊が諸教会に語られた御言葉「神の働きと人の働き 」その2

全能神は言われます「人が表すものは自分が見るもの、経験するもの、想像できるものである。教義、あるいは見解であっても、これらはすべて人が考えれば到達可能である。人の働きは大きさに関係なく、人の経験、見るもの、想像、あるいは思いつけるものの範…

聖霊の御言葉「あなたは人間全体が現在までどのように発展してきたかを知るべきである」その2

全能神は言われた。「六千年に渡るその働き全体は、時代とともに次第に変化してきた。その働きにおける変化は、これまで世界全体の情勢に従って起こってきた。神の経営の働きは、全体として人間の発展に従って次第に移り変わってきただけである。それは創造…

復活後にパンを食べ、聖句を説明するイエス

一緒に食卓につかれたとき、パンを取り、祝福してさき、彼らに渡しておられるうちに、彼らの目が開けて、それがイエスであることがわかった。すると、み姿が見えなくなった。彼らは互に言った、「道々お話しになったとき、また聖書を説き明してくださったと…

聖霊が諸教会に語られた御言葉「ぺテロはどのようにイエスを知るようになったか」

全能神は言われます「あなたがたは自分が歩く道について明確でなければならない。あなたがたがこれから歩く道について、神が完全にさせること、あなたが任されたことなどについても明確でなければならない。いつか、おそらくあなたがたが試されるとき、あな…

終わりの日のキリストの語られる言葉 「唯一の神自身 1 神の権威(1)」その1

神の権威により、第一の日に人類の昼と夜が生まれ、確立した第二の日、神は権威により水と天、そして人間が生活する上で最も基本的な空間を造った第三の日、神の言葉により地と海が生まれ、神の権威により、世界が生物で満たされた その他のフォーカス:私の…

終わりの日のキリストの語られる言葉 「神と人は共に安息に入る」その1

全能神は言われます「人が安息を失ったので、神も安息を失った。神がもう一度安息の中に入る時、人も安息の中に入る。安息の中の生活とは、戦いも道徳的堕落も、持続する不義もない生活である。そのような生活には、神に敵対するいかなる勢力の侵入もないだ…

聖霊が諸教会に語られた御言葉「神の業と人間の実践 」その1

全能神は言われます「神の業のあらゆる場合には、人間が知るべきビジョンがあり、そのビジョンの後に、神の人間に対する適切な要求がある。こうした基礎となるビジョンなくして、人間は明らかに実践不可能となり、確固として神に付き従うことは出来ないであ…

終わりの日のキリストの語られる言葉 「神と人は共に安息に入る」その1

全能神は言われます「人が安息を失ったので、神も安息を失った。神がもう一度安息の中に入る時、人も安息の中に入る。安息の中の生活とは、戦いも道徳的堕落も、持続する不義もない生活である。そのような生活には、神に敵対するいかなる勢力の侵入もないだ…

終わりの日のキリストの語られる言葉 「神は人のいのちの源である」貴方は私の主

全能神は言われます「神のいのちの偉大さとその力は、いかなる被造物にも推し測ることができない。これは今もそうであり、昔もそうであったし、これからもそうであろう。わたしが伝える第二の秘密はこれである。すべての被造物のいのちの源は神から来るので…

キリスト教会讃美歌「真の信仰は神の働きを知ることのみから来る」

I今神の業とは語ること もはや印や奇跡・恵みの時代ではない神は普通であり実在する終わりの日 神は超自然的イエスではなく肉となった現実的な神で 人と変わらない人が神を信じるのは多くの業言葉そして行いゆえである神の発する言葉が 人を征服し完全にする…

終わりの日のキリストの語られる言葉「神の現れによる新時代の到来」

全能神は言われます「私たちが探し求めているのは神の足跡である。霊的な指導者を求めているのでもなく、ましてや有名人でもない。私たちがたどっているのは神の足跡である。神の足跡を探し求めている私たちは、神の心と、神の言葉、神の発する声を探り求め…

聖霊が諸教会に語られた御言葉「神とその働きを知る者だけが神の心にかなう」

全能神は言われます「神を信じ、神に関する認識を追求するのは、容易なことではない。それは、ただ寄り集まって説教を聞くだけでは達成されないし、熱情だけでは完全になれない。あなたは、経験し、知り、原則に基づいて行動し、聖霊の働きを獲得しなければ…

終わりの日のキリストの語られる言葉「神を知ることこそ、神を畏れ、悪を避ける道」

全能神は言われます「『神を畏れ、悪を避け』と神を知ることには、不可分の綿密な関連性があり、またその関連性は自明である。ある者が悪を避けたいならば、その者はまず神を真に畏れなければならない。神を真に畏れることを望む者は、まず神に関する真の認…

聖霊が諸教会に語られた御言葉「本物の人とは何を意味するか」

全能神は言われます「しかしあなたは、わたしが造った人間がわたしの似姿と栄光を伴う聖なる人であったことを知らなくてはならない。彼らはもともとサタンのものではなく、サタンに踏みつけられる対象でもなく、サタンの毒の痕跡すらない、純粋にわたしが現…

聖霊が諸教会に語られた御言葉「神とその働きを知る者だけが神の心にかなう」

全能神は言われます「神を信じ、神に関する認識を追求するのは、容易なことではない。それは、ただ寄り集まって説教を聞くだけでは達成されないし、熱情だけでは完全になれない。あなたは、経験し、知り、原則に基づいて行動し、聖霊の働きを獲得しなければ…

聖霊が諸教会に語られた御言葉「キリストと融和する道を探せ」

全能神は言われます「あなたたちはただ、漠然とした神の心にかなおうとして、単に漠然とした信仰を追究しているが、あなたたちはキリストと融和しない。あなたたちの悪事は、邪悪な者たちが当然受けるものと同じ報復を受けるのではないか。その時、あなたた…

聖霊が諸教会に語られた御言葉「神の心にかなう奉仕とは」

全能神は言われます「あなたたちが神の心に仕えたいと望むならば、どのような人々が神に愛されるのか、どのような人々が神に忌み嫌われるのか、どのような人々が神によって完全にされるのか、どのような人々が神に仕える資格を与えられるのかをまず理解しな…

聖霊の御言葉「終わりの日のキリストだけが人に永遠のいのちの道を与えられる」

全能神は言われます「終わりの日のキリストはいのちをもたらし、変わることなく永遠に続く真理の道をもたらす。この真理を通して人はいのちを得ることができ、この真理を通してのみ、人が神を知り神に良しと認めてもらうことができる。あなたが終わりの日に…

クリスチャンは注意して主の足跡に従う「神の業と人間の実践」その2

全能神は言われます「神の業のあらゆる場合には、人間が知るべきビジョンがあり、そのビジョンの後に、神の人間に対する適切な要求がある。こうした基礎となるビジョンなくして、人間は明らかに実践不可能となり、確固として神に付き従うことは出来ないであ…

キリスト教会讃美歌「真の信仰は神の働きを知ることのみから来る」

I今神の業とは語ること もはや印や奇跡・恵みの時代ではない神は普通であり実在する終わりの日 神は超自然的イエスではなく肉となった現実的な神で 人と変わらない人が神を信じるのは多くの業言葉そして行いゆえである神の発する言葉が 人を征服し完全にする…

キリスト教会讃美歌「神はより多くの人が救いを得ることを願う」神の戒め

Ⅰより多くの人が神の言葉と業に出会った時よく調べ 神に適う心で重要な言葉に臨むことを神は願う罰を受ける者を真似てはならない真理の道をはっきり知りつつも故意に背き 罪のための捧げものを失ったパウロのようであってはならない神の新しい業を受け入れ神…

キリスト教会讃美歌「神の権威の下ではサタンは何も変えられない」神が全能である

Ⅰ何年・・いや何千年サタンは多くの悪を行って 人間を堕落させどの世代も サタンに騙されてきた多くの恐ろしい犯罪を サタンはこの世で行い人間を扇動して 神と闘わせ・・虐待し・・欺き・・神の救いの計画を 壊そうとしたサタンは神に造られた物の間を 歩き…

第二の日、神は権威により水と天、そして人間が生活する上で最も基本的な空間を造った

次に、2番目の聖句を検討する。「神はまた言われた、『水の間におおぞらがあって、水と水とを分けよ』。神はおおぞらを造って、おおぞらの下の水とおおぞらの上の水とを分けられた。そのようになった。」(創世記1:6-7)神が「水の間におおぞらがあって、水…